書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 機械工学  / 機械工学一般  / 概論  > 生活の中にみる機械工学

書籍詳細

  生活の中にみる機械工学

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

望月修 東洋大教授 工博 著

… 著者ホームページです

発行年月日:2018/10/22 , 判 型: A5,  ページ数:168頁

ISBN:978-4-339-04657-1,  定 価:2,376円 (本体2,200円+税)

機械工学は,社会から必要とされるものを提供する総合プロデューサーである。本書では身の回りの道具や仕組みを解き明かすことで,機械工学の考え方を身に付けられる。機械工学を通して,身の回りが生き生きとして見えてくる一冊。

【目次】

1. 車のスペックから見る機械工学
1.1 エネルギー・仕事・パワー・力
 1.1.1 質量
 1.1.2 力
 1.1.3 仕事とエネルギー
1. 車のスペックから見る機械工学
1.1 エネルギー・仕事・パワー・力
 1.1.1 質量
 1.1.2 力
 1.1.3 仕事とエネルギー
1.2 まっすぐ走る,カーブを曲がる
1.3 省エネのための空気抵抗低減
1.4 電気自動車
1.5 乗りごこち

2. 生活で使うエネルギー
2.1 エネルギーとは
2.2 発電
 2.2.1 火力発電
 2.2.2 水力発電
 2.2.3 風力発電
 2.2.4 太陽光発電
 2.2.5 その他の発電
2.3 エネルギーの取り出し方
2.4 ガスを使って温める
2.5 エネルギーの伝え方
 2.5.1 熱伝導
 2.5.2 熱対流
 2.5.3 放射
2.6 食品のもつエネルギー
2.7 梅雨前線の雨がもつエネルギー
2.8 日本の電力事情とこれから

3. 水の利用
3.1 流れを表す二つの法則
 3.1.1 質量保存則
 3.1.2 エネルギー保存則
3.2 水の流れを作るポンプ
 3.2.1 ポンプの種類とその使い方
 3.2.2 上水場・下水処理場
3.3 水圧の怖さ
3.4 浮力
3.5 水の力

4. 食卓を支える機械工学
4.1 ペットボトルやプラスチックキャップの製造
 4.1.1 ペットボトル
 4.1.2 プラスチック
4.2 金属製品
 4.2.1 鋳鉄
 4.2.2 鋼鉄
 4.2.3 アルミニウム
 4.2.4 銅
4.3 冷凍,解凍に関する技術
 4.3.1 冷凍機
 4.3.2 解凍
4.4 食品加工から販売店に出るまで
 4.4.1 牛乳
 4.4.2 植物工場
4.5 食べることに関わる物理
 4.5.1 振動学の考察からはねを飛ばさずうどんをすする方法
 4.5.2 うなぎの秘伝のタレに関わる数学
 4.5.3 ソフトクリームの断面が星型をしている材料力学的理由

5. スポーツに関わる機械工学
5.1 走る物理
 5.1.1 100mを9秒で走る計画
 5.1.2 ウサイン・ボルトの走りに学ぶ
5.2 綱引きの力学
5.3 泳ぐ物理
 5.3.1 選手にかかる力
 5.3.2 抵抗低減の仕方
 5.3.3 手のかきによる推進力
5.4 自転車を使う
5.5 釣りの機械工学
 5.5.1 ロッド
 5.5.2 リール

索引

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。