書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 機械工学  / 計算力学  / 有限要素法  > はじめての有限要素法

書籍詳細

Javaによる   はじめての有限要素法   CD-ROM
- CD-ROM付 -

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

長岐滋 東京農工大教授 工博 著

… 著者ホームページです

発行年月日:2010/05/13 , 判 型: A5,  ページ数:208頁

ISBN:978-4-339-04606-9,  定 価:2,808円 (本体2,600円+税)

ジャンル:

材料力学や弾性力学を復習しながら,わかり易く有限要素法の基礎を説明。同時にJavaの勉強をしながら簡単なFEMプログラムも作成していく。付属CD-ROMには本文中のすべてのサンプルプログラム,課題の詳細解答例を収録。

【目次】

1. 有限要素法とは

2. 固体力学の基礎と仮想仕事の原理
2.1 固体力学の基礎式
2.2 仮想仕事の原理
1. 有限要素法とは

2. 固体力学の基礎と仮想仕事の原理
2.1 固体力学の基礎式
2.2 仮想仕事の原理
2.3 ヤング率が変化する丸棒の引張り
2.4 仮想仕事の原理と基礎方程式の関係

3. Java入門
3.1 Javaの使い方
3.2 文法? 習うより・・・
3.3 ヤング率を求める
3.4 Javaらしい? プログラミング

4. Javaでグラフィックス
4.1 ウィンドウを開く
4.2 絵を描こう!
4.3 グラフを描く

5. ベクトルとマトリクス
5.1 ベクトルとマトリクスの定義
5.2 マトリクスの演算

6. 1 次元の有限要素法
6.1 要素分割
6.2 要素内の変位,ひずみ,応力
6.3 要素剛性方程式
6.4 1次元要素のクラス
6.5 全体剛性方程式
6.6 境界条件
6.7 計算の流れ
6.8 1次元有限要素法プログラムの例

7. 2次元弾性問題
7.1 2次元問題
7.2 力の釣合い:応力
7.3 変形の幾何学:ひずみ
7.4 材料の性質:応力ひずみ関係
7.5 弾性力学の基礎方程式
7.6 仮想仕事の原理

8. 2次元弾性問題の有限要素法
8.1 要素分割
8.2 仮想仕事の原理と要素剛性方程式
8.3 剛性方程式の組立

9. 2次元弾性有限要素法の実際
9.1 前準備
9.2 要素分割をするうえでの注意事項
9.3 簡単な例題
9.4 サンブナンの原理を実感する
9.5 はりの曲げ:片持ちはり
9.6 はりの曲げ:モーメント荷重
9.7 円孔の周りの応力集中を求める
9.8 いろいろな応力集中の状況を調べる
9.8.1 切欠きのある板の応力集中を求める
9.8.2 段付き平板の応力集中を求める
9.8.3 応力集中を緩和させる
9.9 多軸応力状態での強度評価
9.9.1 材料力学における強度評価
9.9.2 多軸応力状態と主応力
9.9.3 脆性材料の場合の強度評価
9.9.4 延性材料の場合の強度評価

引用・参考文献
索引

はじめて有限要素法を勉強してみたいと思った方は是非ご購入ください。Javaによるグラフィックスの作成など楽しみながら基本をマスターしてください。

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。