書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 機械工学  / 熱工学  / 熱機関  > 熱機関工学

書籍詳細

機械系 教科書シリーズ 20)

  熱機関工学

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

越智敏明 大阪府立高専名誉教授 工博 著

老固潔一 元大阪工大短期大学部教授 工博 著

吉本隆光 元神戸市立高専教授 博士(工学) 著

発行年月日:2006/10/20 , 判 型: A5,  ページ数:206頁

ISBN:978-4-339-04470-6,  定 価:2,808円 (本体2,600円+税)

ジャンル:

本書では基本的な事柄を重視し,ボイラ,蒸気タービン,内燃機関,原子力発電の各種形式,動作および構造についての必要事項を平易に記述した。また,自習できるように章末の演習問題についてはできるだけ詳しい解答例を巻末に載せた。

書籍内図面(.pdf)です。

【目次】

1.  序論
1.1  熱機関の概要
1.2  熱機関の分類と特徴
1.3  熱機関の歴史
1.4  熱機関の適合性
1.  序論
1.1  熱機関の概要
1.2  熱機関の分類と特徴
1.3  熱機関の歴史
1.4  熱機関の適合性

2.  燃焼と燃料
2.1  燃焼の基礎
 2.1.1  総括反応式(化学量論式)
 2.1.2  燃料の発熱量
 2.1.3  燃焼に必要な空気量
 2.1.4  燃焼ガス量
2.2  燃料の種類と性質
 2.2.1  気体燃料
 2.2.2  液体燃料
 2.2.3  固体燃料
演習問題

3.  蒸気サイクル
3.1  蒸気のエクセルギー
3.2  ランキンサイクル
 3.2.1  ランキンサイクルとその構成要素
 3.2.2  ランキンサイクルの熱計算
3.3  熱効率改善の方法
 3.3.1  飽和ランキンサイクルと効率改善の方向
 3.3.2  再熱サイクル
 3.3.3  再生サイクル
演習問題

4.  ボイラ
4.1  ボイラの分類と構造
 4.1.1  丸ボイラ
 4.1.2  水管ボイラ
 4.1.3  水管ボイラの構造
4.2  ボイラの性能
 4.2.1  ボイラの規模と能力
 4.2.2  ボイラ効率と各種損失
演習問題

5.  蒸気タービン
5.1  蒸気タービンの概要
5.2  蒸気タービンの作動原理と熱・流体力学的性質
 5.2.1  蒸気タービンの作動原理と速度三角形,線図仕事
 5.2.2  翼内のエネルギー変換
 5.2.3  蒸気タービンの効率
5.3  蒸気タービンの構造
 5.3.1  蒸気タービンの構造
 5.3.2  火力発電用大容量蒸気タービンの例
演習問題

6.  内燃機関の概要
6.1  内燃機関の構造と作動原理
6.2  内燃機関の分類
 6.2.1  点火方式による分類
 6.2.2  使用燃料による分類
 6.2.3  サイクルによる分類
 6.2.4  冷却方式による分類
 6.2.5  シリンダの配置による分類
6.3  内燃機関の基本サイクル
 6.3.1  オットーサイクル
 6.3.2  ディーゼルサイクル
 6.3.3  サバテサイクル
6.4  内燃機関の実際のサイクル
演習問題

7.  内燃機関の吸気と排気
7.1  4サイクル機関の吸気と排気
 7.1.1  体積効率と充填効率
 7.1.2  動弁機構
 7.1.3  弁の開閉時期
7.2  2サイクル機関の吸気と排気
7.3  過給
演習問題

8.  ガソリン機関
8.1  ガソリン機関の燃焼
 8.1.1  ガソリン機関の燃焼過程
 8.1.2  点火時期
 8.1.3  異常燃焼
 8.1.4  オクタン価
8.2  燃料供給装置
 8.2.1  気化器
 8.2.2  燃料噴射装置
8.3  点火装置
8.4  点火プラグ
8.5  ガソリン機関の燃焼室
8.6  ガソリン機関が排出する有害ガス成分

演習問題
9.  ディーゼル機関
9.1  ディーゼル機関の作動原理と燃焼過程
 9.1.1  作動原理
 9.1.2  燃焼過程
 9.1.3  ガソリン機関とディーゼル機関の比較
9.2  燃料噴射装置
 9.2.1  噴射ポンプ
 9.2.2  燃料噴射弁
9.3  燃焼室
9.4  ディーゼルノックとその対策
9.5  環境対策
演習問題

10.  内燃機関の性能と計測
10.1  図示出力と図示平均有効圧力
10.2  正味出力と正味平均有効圧力
10.3  熱効率と燃料消費率
10.4  熱勘定
10.5  出力の測定
10.6  軸出力の修正
10.7  指圧計
演習問題

11.  ガスタービン
11.1  ガスタービンの構成と構造
11.2  ガスタービンのサイクル(ブレイトンサイクル)
11.3  ガスタービンと蒸気プラントとの複合化
 11.3.1  ガスタービンによる熱併給発電
 11.3.2  ガスタービンと蒸気プラントの複合発電
 11.3.3  複合発電プラントのエクセルギー解析
11.4  ジェットエンジン
演習問題

12.  原子力発電
12.1  核分裂
12.2  原子炉の構成
12.3  原子炉の分類
12.4  動力用原子炉
12.5  高速増殖炉
12.6  ウランの濃縮
12.7  使用済燃料の再処理
12.8  原子炉の安全確保と事故事例
演習問題

付録
付1 熱に関するSIの基本単位と換算表
 付1.1 SIの基本単位
 付1.2 10nの単位のSI接頭語
 付1.3 ギリシャ文字
 付1.4 力,熱量(仕事),動力,圧力
付2 蒸気h・s線図(モリエ線図)
付3 飽和蒸気表と過熱蒸気表
 付3.1 温度基準飽和蒸気表
 付3.2 圧力基準飽和蒸気表
 付3.3 圧縮水と過熱蒸気の表

引用・参考文献
演習問題解答
索引

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。