書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 機械工学  / 加工・工作法  / 精密加工  > 超精密加工技術

書籍詳細

超精密シリーズ 2)

  超精密加工技術

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

発行年月日:1998/11/13 , 判 型: A5,  ページ数:216頁

ISBN:978-4-339-04412-6,  定 価:3,240円 (本体3,000円+税)

ジャンル:

21世紀のリーディングテクノロジーである情報通信機器の製造に不可欠なナノメートルオーダの,超精密加工技術の基盤となる要素技術,計測制御技術,加工技術などを総合的に記述し,最先端の応用事例を網羅している。

【目次】

1 超精密加工の必要性
 1.1 はじめに
 1.2 ナノテクノロジー
 1.3 超精密加工の用途
 1.4 超精密加工法
1 超精密加工の必要性
 1.1 はじめに
 1.2 ナノテクノロジー
 1.3 超精密加工の用途
 1.4 超精密加工法
  1.4.1 超精密切削加工
  1.4.2 超精密切削・研磨加工
 引用・参考文献
2 超精密加工機械
 2.1 はじめに
 2.2 超精密加工機械の設計
 2.3 回転要素
  2.3.1 回転要素用軸受
  2.3.2 回転要素の駆動
 2.4 直線運動要素
 2.5 位置決め制御
 2.6 機体構造
 2.7 環境
 引用・参考文献
3 超精密切削
 3.1 はじめに
 3.2 超精密切削面の形成
 3.3 切削工具
 3.4 単結晶ダイヤモンド工具による切削
  3.4.1 被削性
  3.4.2 加工面の性状
  3.4.3 結晶方位の影響
  3.4.4 ガラスおよび結晶材料の加工
 3.5 鉄系材料の切削
 3.6 超精密ダイヤモンド切削の応用例
 3.7 大出力CO2レーザ用反射ミラー
  3.7.1 平面・球面ミラーの加工
  3.7.2 放物面ミラーの加工
 3.8 微細溝を持ったグレーティングレンズ
 3.9 おわりに
 引用・参考文献
4 超精密研削
 4.1 特殊半導体基板の高精度研削法
  4.1.1 はじめに
  4.1.2 電子・光部品用材料の加工プロセスの概要
  4.1.3 半導体基板のダイヤモンド磁石ペレットによる精密平面研削法
  4.1.4 むすび
 4.2 ファインセラミックスの鏡面研削
  4.2.1 はじめに
  4.2.2 ダイヤモンド砥石による研削加工面
  4.2.3 通常砥石による鏡面研削加工
 引用・参考文献
5 超精密ポリシング
 5.1 はじめに
 5.2 ポリシング加工による力学的作用
  5.2.1 力学的作用を利用したポリシングの特性
  5.2.2 力学的作用を利用したポリシングの精密限界
 5.3 ポリシング加工における化学的作用
  5.3.1 ポリシングにおける化学的作用の分類
  5.3.2 メカニカルケミカルポリシング
  5.3.3 メカノケミカルポリシング 
  5.3.4 EEM
 5.4 ドライプロセスによる超精密ポリシング
  5.4.1 ドライプロセスによるポリシングの分類
  5.4.2 イオンポリシング
  5.4.3 プラズマCVM
 5.5 おわりに
 引用・参考文献
6 リソグラフィおよびエッチング
 6.1 リソグラフィ
  6.1.1 概要
  6.1.2 リソグラフィ技術
  6.1.3 光露光
  6.1.4 電子ビーム露光
  6.1.5 X線露光
  6.1.6 おわりに
 6.2 エッチング技術
  6.2.1 はじめに
  6.2.2 エッチング技術の基本概念
  6.2.3 RIEにおけるエッチング機構
  6.2.4 プラズマエッチングプロセス技術
  6.2.5 エッチング技術開発の新たなアプローチ
  6.2.6 おわりに
 引用・参考文献
7 高精度プラスチックレンズ
 7.1 はじめに
 7.2 高精度プラスチック製品の現状
  7.2.1 プラスチックレンズ
  7.2.2 機構部品
  7.2.3 光ディスク
  7.2.4 その他
 7.3 高精度プラスチックレンズの要素技術
  7.3.1 レンズ設計
  7.3.2 素材
  7.3.3 形状設計
  7.3.4 金型
  7.3.5 超精密成形
  7.3.6 コーディング
  7.3.7 評価
  7.3.8 信頼性
 7.4 高精度プラスチックレンズの品質管理
  7.4.1 再現性
  7.4.2 保守
  7.4.3 工程管理
  7.4.4 品質保証
  7.4.5 生産技術
 7.5 高精度プラスチックレンズの将来展望
 索引

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。