書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 経営・管理工学  / システム設計  / システム設計  > ビジネスプロセスのモデリングと設計

書籍詳細

情報・技術経営シリーズ 9)

  ビジネスプロセスのモデリングと設計

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

小林隆 専修大教授 博士(工学) 著

… 著者ホームページです

発行年月日:2005/04/01 , 判 型: A5,  ページ数:200頁

ISBN:978-4-339-02629-0,  定 価:2,700円 (本体2,500円+税)

柔軟なビジネスプロセスをデザインすることをねらいとして,UMLや業務イベントモデルなどの代表的モデリング方法と,それに基づく具体的なプロセス設計手順を解説した。またワークフローやEAIシステムへの適用事例を示した。

【目次】

1 ビジネスプロセス
1.1 なぜビジネスプロセスなのか 
1.2 ネットビジネスの事例 
1.3 ビジネスプロセスの定義 
1.4 ビジネスプロセスの種類 
1 ビジネスプロセス
1.1 なぜビジネスプロセスなのか 
1.2 ネットビジネスの事例 
1.3 ビジネスプロセスの定義 
1.4 ビジネスプロセスの種類 
1.5 ビジネスプロセスムーブメント 
1.6 プロセスアプローチの変遷 
1.6.1 物資プロセスアプローチ 
1.6.2 情報プロセスアプローチ 
1.6.3 ビジネスプロセスアプローチ
演習問題

2 ビジネスプロセスモデリング
2.1 三つのモデリングアプローチ
2.1.1 活動系列アプローチ 
2.1.2 相互作用アプローチ 
2.1.3 目標指向アプローチ 
2.2 モデリング要素 
2.2.1 活動系列 
2.2.2 入出力 
2.2.3 役割 
2.2.4 業務イベント 
2.2.5 目標 
2.3 モデリング技法の分類
演習問題 

3 代表的なビジネスプロセスモデリング技法
3.1 アクティビティ図 
3.1.1 概要 
3.1.2 モデリング方法
3.1.3 事例
3.2 IDEF 
3.2.1 概要
3.2.2 モデリング方法 
3.2.3 事例 
3.3 ユースケース 
3.3.1 概要 
3.3.2 モデリング方法 
3.3.3 事例 
3.4 CNモデル
3.4.1 概要 
3.4.2 モデリング方法
3.4.3 事例 
3.5 拡張UML
3.5.1 概要 
3.5.2 モデリング方法 
3.5.3 事例 
3.6 バランススコアカードの戦略マップ 
3.6.1 概要 
3.6.2 モデリング方法 
3.6.3 事例 
3.7 モデリング技法の考察 
3.7.1 モデリング要素の扱い方
3.7.2 モデリング技法の分類 
演習問題 

4 ビジネスプロセス設計の考え方
4.1 ビジネスプロセス設計の課題 
4.2 モデリング要素の適用方法 
4.3 ビジネスプロセスの改善方法
4.3.1 準備状態の改善 
4.3.2 交渉状態の改善 
4.3.3 実行状態の改善 
4.3.4 合意状態の改善 
4.4 ビジネスプロセスの保守性の向上 

5 ビジネスプロセス設計技法
5.1 ビジネスプロセス設計技法の概要
5.2 目標展開
5.2.1 財務目標の展開 
5.2.2 顧客目標の展開 
5.2.3 プロセス目標の展開 
5.3 プロセス改善 
5.3.1 現行プロセスの理解 
5.3.2 問題の分析 
5.3.3 プロセス改善策の考案 
5.4 プロセス記述
5.4.1 メインプロセス設計 
5.4.2 サブプロセス設計 
演習問題 

6 ビジネスプロセス設計のケーススタディ
6.1 問題の説明 
6.1.1 業務改善の背景と目標 
6.1.2 組織 
6.1.3 業務の手順 
6.1.4 現行業務における問題 
6.2 目標展開
6.3 プロセス改善
6.3.1 現行プロセスの理解 
6.3.2 問題の分析
6.3.3 プロセス改善策の考案 
6.4 プロセス記述
6.4.1 メインプロセスの設計
6.4.2 サブプロセスの設計 
演習問題 

7 ワークフロー導入への適用
7.1 背景とねらい 
7.2 ワークフロー業務テンプレートの要件 
7.2.1 従来方式 
7.2.2 ビジネスプロセス設計問題 
7.2.3 ワークフロー業務テンプレートの要件 
7.3 ワークフロー業務テンプレート
7.3.1 ビジネスプロセス標準仕様 
7.3.2 間接部門申請業務のビジネスプロセス設計パターン
7.3.3 ワークフロー業務テンプレートと実装支援ツールの全体構成 
7.3.4 ワークフロー業務テンプレート
7.3.5 実装支援ツール 
7.4 ワークフローシステム構築事例
7.4.1 業務設計フェーズ
7.4.2 システム設計フェーズ 
7.4.3 実装フェーズ
7.5 効果 
7.6 まとめ 
演習問題 

8 アプリケーション統合への適用
8.1 背景とねらい 
8.2 従来技術の問題点 
8.2.1 システム生産性問題
8.2.2 ビジネスプロセス設計問題
8.2.3 情報システム設計問題
8.3 BPIソリューション
8.3.1 ビジネスプロセスモデリング技法
8.3.2 ワークフローベースEAIアーキテクチャ
8.3.3 BPIソリューション
8.4 EAIシステム開発手順 
8.4.1 業務設計フェーズ 
8.4.2 システム設計フェーズ
8.4.3 実装フェーズ 
8.5 効果 
8.6 まとめ
演習問題 

参考文献
索引 

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。