書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 電気・電子工学  / 電磁気学  / 電磁気学  > 電磁気学ノート

書籍詳細

  電磁気学ノート  (改訂版)

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

藤田広一 元慶大教授 工博 著

発行年月日:1975/08/31 , 判 型: A5,  ページ数:288頁

ISBN:978-4-339-00442-7,  定 価:2,916円 (本体2,700円+税)

ジャンル:

初めて電磁気学を学ぶ人の入門書として,一般理工系大学生向きに書かれたもので,予備知識としては高校の数学・物理だけですむように工夫をこらした。

【目次】

I. 電界・磁界・ベクトル解析
1. 電磁気学の考え方
1.1 電磁気学は役に立つか?
1.2 電気とは何か?
1.3 電磁気学の体系
I. 電界・磁界・ベクトル解析
1. 電磁気学の考え方
1.1 電磁気学は役に立つか?
1.2 電気とは何か?
1.3 電磁気学の体系
2. ベクトル場
2.1 ベクトル場とスカラ場
2.2 クーロンの法則
2.3 電界
2.4 V・1 ベクトル場の表し方
2.5 V・2 ベクトルの和
2.6 V・3 ベクトルのスカラ積
2.7 V・4 線積分
まとめの質問
3. 電界と電位
3.1 電界と電位
3.2 電位の和
3.3 等電位面
3.4 V・5 grade V
まとめの質問
4. 電荷と電界
4.1 電荷とは何か?
4.2 発散
4.3 V・6 面積分
4.4 V・7 div E
4.5 V・8 ガウスの定理
4.6 電荷が分布した空間の電界
4.7 V・9 div Eの演算法
まとめの質問
5. 電流と磁界
5.1 電流とは何か?
5.2 磁界とは何か?
5.3 アンペアの周回積分の法則
5.4 アンペアの周回積分の意義
5.5 電流密度i
まとめの質問
6. うず
6.1 うず
6.2 V・10  rot H
6.3 V・11 ストークスの定理
6.4 アンペアの周回積分の法則の微分形
6.5 V・12 ベクトルの外積
6.6 V・13 rot Hの演算法
まとめの質問
7. 電磁誘導と変位電流
7.1 定常界と非定常界
7.2 ファラデーの電磁誘導の法則
7.3 電磁誘導の法則の微分形
7.4 Bの意義
7.5 変位電流
7.6 Dの意義
7.7 変位電流の意味
まとめの質問
8. マクスウェルの方程式
8.1 V・14 ベクトルの解析
8.2 マクスウェルの方程式
II. 媒質の定数と回路定数
9. 抵抗
9.1 抵抗
9.2 電界E,電流密度iの境界条件
9.3 キルヒホッフの法則
まとめの質問
10. 誘電体と静電容量
10.1 誘電率
10.2 分極
10.3 電界E,電束密度Dの境界条件
10.4 静電容量
まとめの質問
11. 磁性体とインダクタンス
11.1 透磁率
11.2 磁化
11.3 磁界H,磁束密度Bの境界条件
11.4 強磁性体
11.5 インダクタンス
まとめの質問
III. エネルギー・力・運動
12. エネルギー
12.1 電力
12.2 仕事
12.3 ジュール熱
12.4 静電エネルギー
12.5 磁気的エネルギー
12.6 エネルギーの蓄積
まとめの質問
13. エネルギーと力
13.1 最小原理
13.2 仮想変位の原理
13.3 誘電体に働く力(I)
13.4 磁性体に働く力
13.5 エネルギーの受授のある場合の仮想変位の原理
13.6 誘電体に働く力(II)
13.7 力とエネルギー
まとめの質問
14. 運動と電磁界
14.1 電流と電荷
14.2 相対性原理
14.3 電束中の運動
14.4 磁束中の運動
15. 力と運動の電磁現象
15.1 電流に働く力
15.2 電流力と電磁単位
15.3 電流力と電磁誘導
15.4 電磁誘導と右手フレーミングの法則
まとめの質問
16. ポインティングベクトル
16.1 ポインティングベクトルの定義
16.2 ポインティングベクトルSの性質
16.3 ポインティングベクトルの力線
16.4 ポインティングベクトルと電力
16.5 電流の流れのないとき存在するポインティングベクトル
まとめの質問
IV. 偏微分方程式で表される電磁現象
17. ラプラスの方程式
17.1 マクスウェルの方程式と電磁界の分類
17.2 静電界
17.3 静磁界
17.4 ラプラスおよびポアソンの方程式で表される物理現象
17.5 ラプラスの方程式の差分近似による解法
17.6 ラプラスの方程式のシミュレーションによる解法
17.7 2次元問題
17.8 等角写像
17.9 解析関数
まとめの質問
18. 電磁波
18.1 真空中の電磁界
18.2 波動方程式の解法
18.3 定係数線形常微分方程式の解き方
18.4 平面波
18.5 真空の固有インピーダンス
18.6 平面波の反射と透過
18.7 反射角と屈折角
18.8 偏波面と反射係数
まとめの質問
19. 導体内の電磁界
19.1 うず電流界
19.2 導体中の電磁界の方程式の解法
19.3 表皮効果
まとめの質問
問の答と索引
問の答
索引

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。