書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 電気・電子工学  / 電気回路  / 回路理論・交流理論  > 回路理論(1)

書籍詳細

大学講義シリーズ

改訂    回路理論(1)

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

石井順也 近大名誉教授 工博 著

発行年月日:1998/02/20 , 判 型: A5,  ページ数:200頁

ISBN:978-4-339-00141-9,  定 価:2,700円 (本体2,500円+税)

旧版を2分冊にして,平易に解説し,計算力もつくように改訂した。回路の基本量の数値計算法を解説し,その後で理論を導く方法をとり,電荷と電流から直流回路,交流回路,非正弦波交流回路までを例題,演習問題をまじえて解説した。

【目次】

1 回路素子

1.1 回路と回路理論
1.2 電荷と電流
1.3 電位と電圧
1 回路素子

1.1 回路と回路理論
1.2 電荷と電流
1.3 電位と電圧
1.4 電力と電力量
1.5 抵抗器
 1.5.1 オームの法則
 1.5.2 抵抗の直列回路・並列回路
 1.5.3 ホイートストンブリッジ
 1.5.4 抵抗温度係数と抵抗率
1.6 コンデンサ
 1.6.1 コンデンサの基本式
 1.6.2 コンデンサの直列回路・並列回路
1.7 コイル
 1.7.1 コイルの基本式
 1.7.2 コイルの直列回路・並列回路
1.8 相互誘導回路
 1.8.1 相互誘導回路の基本式
 1.8.2 密結合変圧器
 1.8.3 理想変圧器
1.9 電源
 1.9.1 竃圧源等価回路
 1.9.2 電流源等価回路
 1.9.3 従属電源

2 交流理論──交流回路計算法──

2.1 正弦波交流電圧と正弦波交流電流
2.2 交流の実効値
2.3 交流回路の電力と電力籔
2.4 フェーザ
2.5 フェーザに関するキルヒホッフの法則
2.6 回路素子におけるフェーザ電流とフェーザ電圧
2.7 インピーダンスZ、アドミタンス
Y
および複素電力
Pc

2.8 基本交流回路の解析
2.9 供給電力最大の条件
2.10 定入力抵抗回路
2.11 インピーダンスのY一△変換
2.12 交流ブリッジ回路
2.13 共振回路

3.交流解析

3.1 節点解析
 3.1.1 節点-枝接続行列
 3.1.2 節点方程式
3.2 カットセット解析
 3.2.1 木と補木
 3.2.2 基本カットセット
 3.2.3 カットセット方程式
3.3 タイセット解析
 3.3.1 基本タイセット
 3.3.2 タイセットベクトルとカットセットベクトルとの直交
 3.3.3 タイセット方程式
3.4 網目解析
3.5 交流回路の定理
 3.5.1 重ね合せの理
 3.5.2 双対の理
 3.5.3 等価電源の定理
 3.5.4 可逆定理
 3.5.5 補償定理

4 ニポート

4.1 ニポートのインピーダンス行列Z
4.2 ニポートのアドミタンス行列
Y

4.3 ニポートの縦続行列K
4.4 Z、
Y
、Kの相互関係
4.5 ニポートのその他の行列
4.6 ニポートの接続
4.7 対称ニポート
4.8 伝達係数と伝送量
4.9 絶対レベル
4.10 影像パラメータ、反復パラメータ

5 非正弦波交流回路

5.1 フーリエ級数
5.2 特殊関数のフーリエ係数とフーリエ級数展開
5.3 非正弦波交流波形とフーリエ級数展開式との関係
5.4 非正弦波交流波形のパラメータ
5.5 非正弦波交流回路の計算
5.6 複素フーリエ級数

付録
1.標準数
 1.1 Rシリーズ
 1.2 Eシリーズ
2.電子機器用小形固定抵抗器の規格と表示
 2.1 抵抗器の種類とその記号
 2.2 抵抗器の定格電力とその記号
 2.3 公称抵抗値とその記号
 2.4 抵抗値許容差とその記号
 2.5 抵抗器のカラーコード
3.電子機器用固定コンデンサの規格と表示
 3.1 コンデンサの種類とその記号
 3.1 コンデンサの定格電圧とその記号
 3.3 公称静電容量とその記号
 3.4 静電容量許容差
 3.5 コンデンサヘの表示

参考文献
索引

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。