書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 理学  / 物理学  / 相対性理論  > 相対論への探究

書籍詳細

対話形式   相対論への探究
- 知的文化遺産として -

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

山下芳樹 弘前大助教授 博士(理学) 著

発行年月日:2000/03/01 , 判 型: A5,  ページ数:208頁

ISBN:978-4-339-06596-1,  定 価:2,808円 (本体2,600円+税)

ジャンル:

古典的時間・空間概念の変革から静止エネルギー導入までを「なぜ,アインシュタインは相対論を考えねばならなかったのか。また,どういう点が革新的なのか」をモチーフとして,探求心あふれる高校生を登場人物とし対話形式で展開。

【目次】

プロローグ
訪問を前にして

第1話 特殊相対論導入の前夜
 第1日目の訪問にて
プロローグ
訪問を前にして

第1話 特殊相対論導入の前夜
 第1日目の訪問にて
 第2日目の訪問にて(マッハによるニュートン力学の分析)
 第3日目の訪問にて(カリレオの相対性原理)
  その背景(天文対話から)
  ガリレオの相対性原理の数理的表現

第2話 特殊相対論の内容とその精神
 第4日目の訪問にて(アインシュタインの着眼点)
  アインシュタインの疑問点
  同時刻の概念について(絶対時間に対する疑問)
  光速度不変(すべての基本として)
 第5日目の訪問にて(アインシュタインの特殊相対性理論)
  マイケルソン・モーレイの実験の解釈をめぐって
  ローレンツ収縮
  ローレンツ変換(新たな変換則を求めて)
  ミンコフスキーの4次元空間(ローレンツ変換の幾何学的意味)

第3話 特殊相対論の及ぼした影響
 第6日目の訪問にて(相対論的力学)
  固有時(共通時間を求めて)
  相対論的力学(相対論的運動方程式を求めて)
  質量とエネルギーの関係(E=mc2)
 第7日目の訪問にて(原子核の結合エネルギーについて)

エピローグ

索引

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。