書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 土木工学  / 水理学  / 水理学  > 流量測定

書籍詳細

  流量測定

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

春日屋伸昌 工博 著

発行年月日:1990/06/10 , 判 型: A5,  ページ数:232頁

ISBN:978-4-339-05193-3,  定 価:3,564円 (本体3,300円+税)

ジャンル:

水工の設計の基礎資料となる開水路および管水路の流量をいかに正確に測定するかについて,永年の研究成果を集大成したもの。研究の結論として流量の算定式は平均値法の応用によっている。

【目次】

1. 縦平均流速の測定
 1.1 縦平均流速算定式の誘導
  1.1.1 平均値法の応用
  1.1.2 平均値2点法
  1.1.3 平均値3点法
1. 縦平均流速の測定
 1.1 縦平均流速算定式の誘導
  1.1.1 平均値法の応用
  1.1.2 平均値2点法
  1.1.3 平均値3点法
  1.1.4 平均値4点法
  1.1.5 平均値n点法
 1.2 従来の縦平均流速算定式とその修正
  1.2.1 従来の縦平均流速算定式
  1.2.2 従来の縦平均流速算定式の修正
 1.3 平均値法公式と従来の公式との精度の比較
  1.3.1 乱れない流速分布の場合
  1.3.2 乱れた流速分布の場合
 1.4 平均値法の数学的展開
  1.4.1 測点の位置の解法
  1.4.2 重み係数および誤差式の解法
2. 流量の測定
 2
.1 流量算定式の誘導
  2.1.1 従来の流量算定式
  2.1.2 平均値n点法を拡張した流量算定式
  2.1.3 平均値n縦線法
  2.1.4 水位の変動が流量に及ぼす影響
 2.2 流量算定式の精度
  2.2.1 資料による計算
  2.2.2 結果の考察
 2.3 流量測定に関する諸問題
  2.3.1 縦平均流速算定式の適用性
  2.3.2 各種流量算定式の分散
  2.3.3 流量測定の方式
 2.4 水位流量曲線と日流量算定
  2.4.1 水位流量曲線の決定
  2.4.2 水位流量曲線の補正
  2.4.3 日流量算定のための平均値n時点法
3. 鉛直流速曲線
 3.1 鉛直流速分布式の誘導と平均値n点法の適用
  3.1.1 鉛直流速分布式の誘導
  3.1.2 鉛直流速分布式への平均値n点法の適用
 3.2 鉛直流速分布式におけるパラメータの生起確率
  3.2.1 パラメータ間の関係
  3.2.2 パラメータの生起確率
 3.3 鉛直流速分布の形状に及ぼす諸因子間の相関性
  3.3.1 諸因子間の相関係数
  3.3.2 諸因子間の偏相関関数
  3.3.3 質的に連続分布する変量間の相関係数の誘導
4. 整正断面の開水路における流量算定式
 4.1 長方形断面の開水路における流量算定式
  4.1.1 従来の流量測定法
  4.1.2 2変数関数に拡張した平均値法による流量算定式
  4.1.3 全断面平均値法の精度
 4.2 種々の整正断面の開水路における流量算定式
  4.2.1 台形断面の開水路における流量算定式
  4.2.2 三角形の断面の開水路における流量算定式
  4.2.3 放物線形断面の開水路における流量算定式
  4.2.4 円形断面の開水路における流量算定式
5. 浮子による流量測定
 5.1 浮子の補正係数と竿浮子の運動機構
  5.1.1 浮子の補正係数に関する従来の研究
  5.1.2 竿浮子の運動機構
 5.2 竿浮子の補正係数と漸近流下距離
  5.2.1 竿浮子の補正係数
  5.2.2 竿浮子の補正係数に関する理論式と実験式の誘導
  5.2.3 竿浮子の傾きによる補正係数の修正
  5.2.4 漸近流下距離
6. 管水路の流量測定
 6.1 1直径に沿っての流量測定法
  6.1.1 等分割法とその課題
  6.1.2 平均値法による流量算定式
  6.1.3 等重公式と修正等分割公式
  6.1.4 各公式の分散および理論分布式への適用
  6.1.5 各公式の精度の実測的考察
 6.2 全断面平均値法による流量算定式
  6.2.1 全断面平均値公式の誘導
  6.2.2 全断面平均値公式の精度の実測的考察
索引

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。