書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 機械工学  / 加工・工作法  / 工作機械  > 工作機械工学

書籍詳細

機械系 大学講義シリーズ 25)

新版    工作機械工学

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

伊東誼 東工大名誉教授 工博 著

森脇俊道 神戸大名誉教授・摂南大名誉教授 工博 著

発行年月日:2019/07/25 , 判 型: A5,  ページ数:254頁

ISBN:978-4-339-04103-3,  定 価:3,132円 (本体2,900円+税)

ジャンル:

初版第1刷から30年が経過した。そこで,初版と同じく工作機械の利用技術に主眼を置きつつ,めざましい社会の発展を踏まえ,工作機械に対するさらなる高精度化,高能率化,複合機能化の要求に即して,最新の内容も含め刷新した。

【目次】

1. 工作機械工学の概要
1.1 工作機械の定義と工作機械の課題
1.2 工作機械の分類
1.3 工作機械と工作機械工学の歴史
 1.3.1 産業革命以前
1. 工作機械工学の概要
1.1 工作機械の定義と工作機械の課題
1.2 工作機械の分類
1.3 工作機械と工作機械工学の歴史
 1.3.1 産業革命以前
 1.3.2 産業革命から第二次世界大戦まで―汎用工作機械の発明と発展―
 1.3.3 第二次世界大戦以降―数値制御工作機械の発展―
 1.3.4 工作機械の加工性能向上の歴史
演習問題

2. 汎用NC工作機械の基本的な構造構成
2.1 工作機械の本体構造設計の基礎知識
 2.1.1 変位基準設計の概要
 2.1.2 軽量・高剛性,高減衰能,ならびに小さな熱変形という設計の原則
 2.1.3 構造設計の三大属性―高速性,高精度化,ならびに重切削性
2.2 工作機械の形状創成運動と案内精度
2.3 汎用NC工作機械の主要な構造構成
 2.3.1 本体構造
 2.3.2 主軸構造と主軸駆動系
 2.3.3 案内構造と送り駆動系
2.4 モジュラ構成と進みつつあるプラットフォーム方式(加工空間重視のモジュラ構成)
 2.4.1 モジュラ構成の定義,ならびに四原則
 2.4.2 メーカ主体のモジュラ構成―階層方式とユニット方式
 2.4.3 ユーザ主体のモジュラ構成―プラットフォーム方式
演習問題

3. 工作機械と数値制御
3.1 サーボ機構とその付属装置
3.2 同時制御と補間
3.3 NCプログラミング
3.4 多軸加工機と複合加工機
3.5 高度なNCの制御と工作機械
演習問題

4. 工作機械と計測システム
4.1 センサ・フュージョン
4.2 工作物の形状,寸法および表面品位
 4.2.1 工作物の形状および寸法
 4.2.2 工作物の表面粗さ,その他
4.3 工作物および切削・研削工具の取付け状態
4.4 切削・研削抵抗,工具損耗,ならびに切りくず形態
 4.4.1 工具損耗
 4.4.2 切りくず形態
4.5 機械の稼働状態
演習問題

5. 工作機械の特性解析および試験・検査
5.1 工作機械に要求される性能と評価項目
5.2 工作機械の特性解析と評価
5.3 工作機械の評価試験と受入れ試験
5.4 経済性評価
 5.4.1 加工コストの算出方法
 5.4.2 加工コストの削減に関わる指針
演習問題

6. 工作機械とユーザ支援技術
6.1 一般的なユーザ支援技術
6.2 加工空間の連環とプラットフォーム方式の有効利用
6.3 予防保全を含む品質保証設計
6.4 廃棄性設計
演習問題

付録
参考文献
索引

【書籍紹介・書評掲載情報】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。