書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 機械工学  / 設計・製図・機構学  / 機構学  > 機械要素(1)

書籍詳細

標準機械工学講座 1)

  機械要素(1)
- 機構と機械の運動 -

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

林杵雄 明大名誉教授 著

発行年月日:1958/05/15 , 判 型: A5,  ページ数:170頁

ISBN:978-4-339-04000-5,  定 価:2,052円 (本体1,900円+税)

本書は機械要素としての機構と機械の運動について説明したもので,主として機構の問題を解くのに用いられる手段,方法を取り上げ,これに関連して基礎的な機構の説明をした。

【目次】

第1章 まえがき
第2章 リンク装置
第3章 カム
第4章 回転の伝達
第5章 歯車
第1章 まえがき
第2章 リンク装置
第3章 カム
第4章 回転の伝達
第5章 歯車
第6章 歯車のかみあい
第7章 歯車の種類と歯車列
付録 弧度、三角関数、involute関数の表(14°~34°)
索引

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。