書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 計測・制御  / 計測・センサ  / センサ  > センサの基本と実用回路

書籍詳細

計測・制御テクノロジーシリーズ 3)

  センサの基本と実用回路

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

中沢信明 群馬大准教授 博士(情報科学) 著

松井利一 群馬大准教授 博士(工学) 著

山田功 群馬大教授 博士(工学) 著

… 著者ホームページです

発行年月日:2012/05/02 , 判 型: A5,  ページ数:192頁

ISBN:978-4-339-03353-3,  定 価:3,024円 (本体2,800円+税)

本書は,センサの種類,動作原理,電子回路を利用した実用例を取り上げ,センサに関する基礎知識の修得を目的として執筆した。また,マイコンを利用したセンサ情報の取得について触れ,より実践的な力が養成できるように配慮した。

【目次】

1.センサの基礎知識
1.1 センサの概略
1.1.1 人間の感覚機能とセンサ
1.1.2 MEMS 技術とセンサ
1.1.3 センサ信号の処理過程
1.センサの基礎知識
1.1 センサの概略
1.1.1 人間の感覚機能とセンサ
1.1.2 MEMS 技術とセンサ
1.1.3 センサ信号の処理過程
1.2 ノイズ対策
1.3 センサ信号のディジタル変換
1.3.1 サンプリング(標本化)と量子化
1.3.2 A-D 変換器
1.4 統計的データ処理・信号処理
1.4.1 測定誤差と精度
1.4.2 最小二乗法による測定値の関数近似
1.4.3 平滑化処理によるノイズ除去
1.4.4 フーリエ変換による周波数解析
1.5 センサの特性評価
1.5.1 センサの静特性
1.5.2 センサの動特性

2.センサ活用のための電子回路
2.1 オペアンプ
2.1.1 増幅回路
2.1.2 アクティブフィルタ回路
2.2 トランジスタ
2.2.1 バイポーラトランジスタの特徴
2.2.2 スイッチ回路
2.3 論理回路の基礎
2.3.1 論理レベルと電圧
2.3.2 基本論理回路
2.3.3 ディジタルIC
2.3.4 回路例(発光ダイオードを光らせる回路)
2.4 論理回路の応用
2.4.1 フリップフロップ
2.4.2 シフトレジスタ
2.4.3 カウンタ
2.4.4 マルチバイブレータ

3.力センサ
3.1 力とトルク
3.2 ストレインゲージ
3.3 ブリッジ回路
3.4 力の校正
3.5 重心
3.5.1 重心の計測
3.5.2 応用例
3.6 圧電素子型力センサ
3.7 静電容量型力センサ
問題

4.加速度センサ
4.1 加速度
4.2 加速度センサの動作原理
4.3 動的科加速度と静的加速度
4.4 加速度センサの周波数応答
4.5 ローパスフィルタ回路
4.5.1 一次のローパスフィルタ回路
4.5.2 二次のローパスフィルタ回路
問題

5.距離センサ
5.1 変位と速度
5.2 直線型ポテンショメータ
5.3 電気マイクロメータ
5.4 カンチレバ型変位センサ
5.5 光学式距離センサ
5.6 超音波距離センサ
問題

6.角度・角速度センサ
6.1 角度と角速度
6.2 微分回路・積分回路
6.3 回転型ポテンショメータ
6.4 ロータリエンコーダ
6.5 分解能と逓倍
6.6 パルスカウンタ回路
6.7 タコジェネレータ
6.8 ジャイロ
問題

7.光センサ
7.1 光と波長
7.2 光電効果と光センサ
7.3 CdSセンサ
7.4 フォトダイオード
7.5 フォトトランジスタ
7.6 フォトインタラプタ
7.7 ライントレース
問題

8.磁気センサ
8.1 電磁誘導作用を利用した磁気センサ
8.2 電磁誘導型磁気センサの応用
8.2.1 磁気ヘッド
8.2.2 差動トランス
8.2.3 渦電流式近接センサ
8.3 磁電変換作用を利用した磁気センサ
8.3.1 ホール素子
8.3.2 磁気抵抗(MR)素子
8.4 磁電変換型磁気センサの応用
8.4.1 磁界測定
8.4.2 電流測定
8.4.3 無接点スイッチ
8.4.4 変位センサ
8.4.5 方位センサ
問題

9.温度センサ
9.1 温度について
9.2 熱電対
9.3 サーミスタ
9.4 測温抵抗体
9.5 焦電型赤外線センサ
9.6 感温スイッチ
問題

引用・参考文献
問題解答
索引

【おすすめ本】

【書評・広告掲載情報】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。