書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 電気・電子工学  / 高電圧工学  / 高電圧工学  > 高電圧技術

書籍詳細

  高電圧技術

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

岸敬二 日本工業大教授 工博 著

発行年月日:1999/09/20 , 判 型: A5,  ページ数:236頁

ISBN:978-4-339-00708-4,  定 価:3,240円 (本体3,000円+税)

日本の電力事情,送配電工学,系統に発生する過電圧と抑制法,雷現象,絶縁破壊現象,高電圧発生と測定法,電力用機器の高電圧試験法,電力送配電の発展に貢献した材料,部品について多くの図,表,写真を用いてわかりやすく解説。

【目次】

1 日本の電力事業ーその発展過程および現状と課題
 1.1 日本の電力事業とその発展過程
  1.1.1 電力需要と発電設備および経済動向との関係
  1.1.2 電力事業の課題
 1.2 諸外国との電力事情の比較
1 日本の電力事業ーその発展過程および現状と課題
 1.1 日本の電力事業とその発展過程
  1.1.1 電力需要と発電設備および経済動向との関係
  1.1.2 電力事業の課題
 1.2 諸外国との電力事情の比較
 問題
2 電力系統
 2.1 送・配電方式
  2.1.1 交流送・配電方式
  2.1.2 直流送電方式
 2.2 公称電圧、標準電圧および電力の質
 2.3 送・配電工学の基礎
  2.3.1 架空送電線の回路定数と等価回路
  2.3.2 架空送電線
  2.3.3 電力用ケーブル
  2.3.4 中性点接地
 問題
3 電力系統における過電圧
 3.1 過電圧の種類と発生原因およびその抑制法
  3.1.1 過電圧の種類とその発生原因
  3.1.2 過電圧の抑制法
 3.2 避雷器
  3.2.1 酸化亜鉛(ZnO)非直線抵抗素子とその非直線特性
  3.2.2 酸化亜鉛(ZnO)避雷器の特性
 3.3 雷現象
  3.3.1 雷雲と雷放電
  3.3.2 雷に対する保護
 問題
4 放電現象、絶縁破壊現象
 4.1 放電現象の基礎
  4.1.1 気体の放電現象
  4.1.2 フラッシオーバ特性に影響を与える要因
 4.2 高電圧機器用絶縁材料のフラッシオーバ特性
  4.2.1 気体
  4.2.2 液体
  4.2.3 固体
  4.2.4 各種絶縁材料のフラッシオーバ特性、絶縁破壊特性を示す実験式
 問題
5 高電圧試験の目的および高電圧の発生と測定
 5.1 高電圧試験の目的
 5.2 高電圧の発生
  5.2.1 交流正弦波高電圧発生装置
  5.2.2 直流高電圧発生装置
  5.2.3 インパルス電圧発生装置
  5.2.4 インパルス電流発生装置
 5.3 高電圧の測定
  5.3.1 交流高電圧の測定
  5.3.2 直流高電圧の測定
  5.3.3 インパルス電圧の測定
  5.3.4 インパルス電流の測定
  5.3.5 部分放電の測定
 5.4 高電圧実験の際の注意事項
 問題
6 電力用機器の開発試験、形式試験、受入試験
 6.1 発・変電用電力機器
  6.1.1 変圧器
  6.1.2 ガス絶縁開閉装置(GIS)
  6.1.3 ガス絶縁タンク形避雷器
  6.1.4 交流遮断器
 6.2 直流送電用サイリスタ変換装置
 6.3 電力用ケーブル
  6.3.1 OFケーブル
  6.3.2 CVケーブル
 問題
7 高電圧・電力用機器および高電圧技術の発展に貢献した材料、部品
 7.1 材料
  7.1.1 変圧器用けい素鋼板
  7.1.2 SF6ガス
  7.1.3 高分子材料を使用した絶縁物
 7.2 部品
  7.2.1 避雷器用酸化亜鉛(ZnO)非直線抵抗素子
  7.2.2 光トリガサイリスタ
 問題
 付録
 引用・参考文献
 問題解答
 あとがき
 索引

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。