書名で キーワードで

詳細検索 >>

書籍詳細

  CVケーブル

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

速水敏幸 宇部高専教授 工博 著

発行年月日:1986/09/30 , 判 型: A5,  ページ数:250頁

ISBN:978-4-339-00453-3,  定 価:3,240円 (本体3,000円+税)

送・配電用として需要の大半を占めるに至ったプラスチック電力ケーブル(CV)について,その絶縁体を主体に製造法,電気特性から絶縁設計,寿命推定まで将来展望を含めて詳述した。

【目次】

1.  CVケーブルの歴史と高電圧化
 1.1 歴史
 1.2 高電圧化
 参考文献
2. CVケーブルの構造と製造方法
1.  CVケーブルの歴史と高電圧化
 1.1 歴史
 1.2 高電圧化
 参考文献
2. CVケーブルの構造と製造方法
 2.1 ケーブルの構造
  2.1.1 ケーブル半導電層
  2.1.2 金属遮へい層
 2.2 製造方法
 2.3 ポリエチレンの架橋
 2.4 架橋工程
  2.4.1 蒸気架橋と乾式架橋
  2.4.2 ボイド、異物、水分除去対策
3. CV ケーブルの製造と電気特性
 3.1 電気特性に及ぼす要因
 3.2 構造および製造技術と電気性能
 3.3 絶縁体中のボイド、異物
  3.3.1 ボイド中の放電開始電圧と放電電荷
  3.3.2 CV ケーブルのボイドと破壊電圧
  3.3.3 絶縁体中の異物
 3.4 押出半導電層の必要性能
  3.4.1 カーボンブラックも添加と特性
  3.4.2 押出半導電層の導電率
 3.5 半導電層の突起
 参考文献
4. CVケーブルの電気的諸劣化
 4.1 部分放電劣化、電気トリー劣化
  4.1.1 部分放電劣化
  4.1.2 電気トリー劣化
 4.2 気中V-t特性
 4.3 水トリー劣化
  4.3.1 水トリーの現象
  4.3.2 水トリーの発生・進展と促進要因
  4.3.3 直流水トリー
  4.3.4 水トリー発生のメカニズム
 4.4 浸水V-t特性
 4.5 高温特性
 4.6 機械特性
  4.6.1 ケーブルの残留ひずみと電気性能
  4.6.2 屈曲と電気性能
  4.6.3 ひずみとトリーイング
 4.7 直流特性
  4.7.1 直流初期性能
  4.7.2 長期特性
 4.8 繰返しインパルス特性
 参考文献
5. 添加剤、充てん剤効果
 5.1 研究の歩み
 5.2 アセトフェノンの効果
  5.2.1 交流破壊電圧
  5.2.2 トリーイング
  5.2.3 アセトフェノンの効果のモデル
  5.2.4 ケーブルの破壊電圧
  5.2.5 直流漏れ電流
  5.2.6 直流破壊電圧
 5.3 添加剤
 5.4 充てん剤
 5.5 耐水トリー性添加剤、ポリマーブレンド
 5.6 ガス充てん
  5.6.1 SF6ガスの電気特性
  5.6.2 架橋ポリエチレンに対する拡散
  5.6.3 耐トリーイング性に及ぼすガス含浸の効果
  5.6.4 ガス含浸ケーブルの特性
 5.7 液体充てん式ケーブル
 参考文献
6. CVケーブルの規格と絶縁設計
 6.1 規格
 6.2 枠試験
 6.3 絶縁設計
 参考文献
7. CVケーブルの接続部
 7.1 プレハブ形接続部
  7.1.1 構造
  7.1.2 性能
 7.2 テープ巻接続部
  7.2.1 自己融着性テープ
  7.2.2 特高圧用テープ
  7.2.3 特高圧用耐熱性テープ
 7.3 モールド形接続部
  7.3.1 TMJ
  7.3.2 EMJ
 7.4 油浸紙終端部
 7.5 高誘電率終端部
 7.6 試験用端末
 参考文献
8. CVケーブルの寿命推定および劣化診断法
 8.1 CVケーブルの寿命推定
  8.1.1 水がない場合の寿命推定
  8.1.2 水がある場合の寿命推定
  8.1.3 寿命向上対策(遮水構造)
 8.2 CV ケーブルの劣化診断法
  8.2.1 劣化診断の対象
  8.2.2 直流高圧法、tanδによる劣化診断
  8.2.3 部分放電試験
  8.2.4 直流耐電圧法
  8.2.5 活線劣化診断法
  8.2.6 今後の劣化診断技術
 参考文献 
9. 海底ケーブル
 9.1 海底ケーブルの設計
 9.2 海底ケーブルの布設
 9.3 海底ケーブルの外傷と防護
 9.4 光、電力複合海底ケーブル
 参考文献
10. 架空配電線
 10.1 OC電線
  10.1.1 OC電線の概要
  10.1.2 20kV級OC電線
  10.1.3 OC電線の応力腐食断線
  10.1.4 アーク溶断特性
  10.1.5 着雪防止形電線
 10.2 架空ケーブル
 参考文献
11. CVケーブルの難燃化
 11.1 燃焼と難燃化
 11.2 ケーブルの評価方法
 11.3 低塩酸、低発塩
 参考文献
索引

【受賞】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。