書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 電気・電子工学  / 電気回路  / 回路理論・交流理論  > 交流回路計算法

書籍詳細

改訂    交流回路計算法

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

山田直平 東大名誉教授・東京理科大教授 工博 著

発行年月日:1940/01/10 , 判 型: A5,  ページ数:386頁

ISBN:978-4-339-00439-7,  定 価:3,240円 (本体3,000円+税)

電気回路網学の最近の発達に伴い,交流理論の内容も変化をきたしている。本書は基礎から応用までを詳述し,とくに,難解の点,誤解しやすい点などを懇切に説明してある。

【目次】

第1章 緒論
第2章 正弦波関数
第3章 インピーダンス
第4章 電力
第5章 円線図
第1章 緒論
第2章 正弦波関数
第3章 インピーダンス
第4章 電力
第5章 円線図
第6章 交流回路網
第7章 二端子および四端子回路
第8章 多相交流
第9章 対称座標法
第10章 分布定数回路
第11章 ひずみ波交流
第12章 鉄心インダクタンスを有する回路
附録
索引

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。