弾性表面波工学

弾性表面波工学

表面波の伝搬,励振および測定法を具体的に示し,フィルタ,共振器をはじめ半導体との相互作用を用いた増幅器,コンボルバ,光との相互作用を用いた機能素子に至るまでを,第一線の研究者達が詳述した。

ジャンル
発行年月日
1983/11/15
判型
A5
ページ数
254ページ
ISBN
978-4-88552-048-8
弾性表面波工学
品切

定価

3,108(本体2,825円+税)

電子版を購入

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

表面波の伝搬,励振および測定法を具体的に示し,フィルタ,共振器をはじめ半導体との相互作用を用いた増幅器,コンボルバ,光との相互作用を用いた機能素子に至るまでを,第一線の研究者達が詳述した。

基礎編:序論/弾性波動の基礎/表面波の伝搬,励振,導波/測定技術/表面波と光および半導体中のキャリヤとの相互作用/音波物性面よりみた表面波/材 料/加工技術
応用編:フィルタ,遅延線/共振器,発振器/信号処理への応用/増幅器,コ ンボルバ・メモリ/表面波―光デバイス

柴山 乾夫(シバヤマ キミオ)