ディジタル信号処理

ディジタル信号処理

大量の各種情報量を伝送・処理する通信網の実現に必須となってきたディジタル技術の導入という背景の下に,この分野で初の成書となったもので,全12章から成り,期界第一線の研究者が執筆している。

ジャンル
発行年月日
1975/11/10
判型
A5
ページ数
272ページ
ISBN
978-4-88552-014-3
ディジタル信号処理
品切

定価

3,108(本体2,825円+税)

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

大量の各種情報量を伝送・処理する通信網の実現に必須となってきたディジタル技術の導入という背景の下に,この分野で初の成書となったもので,全12章から成り,期界第一線の研究者が執筆している。

序論/基礎理論/高速フーリエ変換(FFT)/ディジタルフィルタの概要と特徴 /ディジタルフィルタの設計/ディジタルフィルタの実現/ハードウェア技術/音声信号処理/画像のディジタル処理/変復調器のディジタル化/適応ディジタ ル信号処理と自動等化器/各種通信機器への応用

宮川 洋(ミヤカワ ヒロシ)