書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME > レビュー

レビュー

1 - 10件目を表示 <前ページ 12345678次ページ

Book Review

読者モニターレビュー【Y.N.様(大学生)】

サブタイトルにもあるように,まさに「基本概念・技術から収集・分析・可視化まで」広く学ぶことができる1冊です。ソーシャルビックデータとは何なのかという定義から,実際のユースケースで理解が深まりました。データマイニングと機械学習についても前半で広く説明がされています。

また実践編では,ソーシャルビックデータに欠かせないWeb技術について「Web3層アーキテクチャの実装」をカバーしていたのが印象的で勉強になりました。「データの収集・分析・可視化」は,Twitterなど様々なAPIを活用する最新のコードが掲載されているので色々応用できると思います。

本の冒頭にも述べられているように,本分野の初学者ですぐに実務や研究で実践する知識とコードを手に入れたい場合は前著の『ソーシャル・ビッグデータサイエンス入門―基本概念からマイニング技術,応用まで』から読んだ方が理解しやすいかもしれないと感じました。本書はさらにそれらの知識と実装を広く展開した1冊でした。

  フルスタックJavaScriptとPython機械学習ライブラリで実践するソーシャルビッグデータ
-基本概念・技術から収集・分析・可視化まで -

石川博 首都大東京教授 博士(理学) 編著

横山昌平 首都大東京准教授 博士(工学) 著

廣田雅春 岡山理科大講師 博士(情報学) 著

… 著者ホームページです
発行年月日:
2019/02/18
判 型:B5
ページ :192頁
ISBN:
978-4-339-02889-8
定 価: 3,456円
(本体3,200円+税5%)

Book Review

読者モニターレビュー【Y様(博士後期課程 学生,専門:信号処理)】

本書は,趣味としての扱いが一般的な “オーディオ” に関する事柄について,音響学・物理学の立場から解説したものです。オーディオにおける電源から音源,音響機器や設備までの情報が幅広く丁寧に解説されています。特に,近年盛り上がりを見せるハイレゾ音源の項目では,人間の可聴域を大幅に超えた周波数の音をなぜ音源に含める必要があるのかが述べられています。全体として,より良いオーディオ体験のために,理論的に一歩踏み込んで学びたい読者にとってぴったりの内容であると感じました。個人的な意見としては,ストリーミング配信やワイヤレス通信など,オーディオに関する最新の流行についても解説する内容が盛り込まれば,さらに広い世代に受け入れられるのではないかと感じました。

その常識は本当か これだけは知っておきたい   実用オーディオ学

岡野邦彦 慶大教授 工博 著

… 著者ホームページです

ジャンル:

発行年月日:
2019/01/25
判 型:A5
ページ :144頁
ISBN:
978-4-339-00919-4
定 価: 2,160円
(本体2,000円+税5%)

Book Review

‎@hiro5585様

トラディショナルな統計的パターン認識の手法を一通り述べてあって,入門~中級ぐらいの位置づけかなと思いました。
面白かったなと思ったところは,特徴量と目的変数間に確率的な構造が存在するものとして,どのようなモデル+損失を仮定すれば導けるかを説明していたところです。手法をある程度知っているけれど,さらに踏み込んでどうやってその解が導けるかを詳しく知りたい人に向いている気がしました。
要点をQiitaにまとめています。詳しくはこちらからこ覧ください。
https://qiita.com/hiro5585/items/660f9920896051107304

シリーズ 情報科学における確率モデル 1

  統計的パターン認識と判別分析

栗田多喜夫 広島大教授 博士(工学) 著

日高章理 東京電機大准教授 博士(工学) 著

… 著者ホームページです
発行年月日:
2019/01/15
判 型:A5
ページ :236頁
ISBN:
978-4-339-02831-7
定 価: 3,672円
(本体3,400円+税5%)

Book Review

さっちゃん 様

米国のプロジェクトマネジメント協会(PMI)発行の『プロジェクトマネジメント知識体系ガイド』(PMBOKガイド)は国際標準化されたプロジェクトマネジメントガイドブックで邦訳版も刊行されているが、英文マニュアルの翻訳版によく見られるように(例えば、ウィンドウズのガイドブック)、やや読みにくいのが難点である。
放送大学面接授業「生涯使えるマネジメント技術」テキストとして使用された本書は、『PMBOKガイド』をベースに、筆者の知識・経験に基づいて再構築されて読み易い上、演習問題が豊富なので自学自習に適している(ただし、回答は不十分)。『PMBOKガイド』に対する本書は、『マネジメント』(ドラッカー)に対する『もしドラ』のようなものかもしれない。
読者の批評を踏まえて本書が版を重ね、米国流のプロジェクトマネジメントの考え方が我が国でも広く普及することを切に願う。

  マネジメント技術の国際標準化と実践
-建設プロジェクトの挑戦 -

山岡暁 宇都宮大教授 博士(工学) 著

… 著者ホームページです
発行年月日:
2018/11/02
判 型:A5
ページ :232頁
ISBN:
978-4-339-05262-6
定 価: 3,348円
(本体3,100円+税5%)

Book Review

工学学 様

楽しく読ませていただきました。モデリングの基礎から実際の設計、実装まで一連の流れを追いつつ、学術的な啓発も兼ねていて、とても実用的だと思いました。

  受動歩行ロボットのすすめ
-重力だけで2足歩行するロボットのつくりかた -

衣笠哲也 岡山理科大教授 博士(工学) 著

大須賀公一 阪大大学院教授 工博 著

土師貴史 松江高専講師 博士(工学) 著

… 著者ホームページです
発行年月日:
2016/10/20
判 型:A5
ページ :188頁
ISBN:
978-4-339-04649-6
定 価: 2,700円
(本体2,500円+税5%)

Book Review

mat(@ballforest)様

本書の「ご利益」を一言で表せば,回帰と識別(分類)という機械学習における2大タスクの定式化に現れる,(最小二乗誤差の意味で)最適な非線形関数の解釈を通じてこれらをより良く理解することに役立つ,と言えよう。本書では,この最適な非線形関数に現れる事後確率を「線形近似」するアプローチにより,解釈が進められる。実際に,線形回帰/識別関数が,非線形回帰/識別関数の「線形近似」となる事実が,丁寧な導出とともに具体的に示されており,読者は理解を大いに深めることができるだろう。後半の章では,主成分分析/線形判別分析→カーネル主成分分析/カーネル判別分析という流れで話が進み,これらは最終章の布石をなしている。そして最終章において,非線形判別写像に現れる事後確率を線形近似することにより,線形判別分析が導出できる,という事実が示されるのであった。事後確率の近似方法として,正規分布を仮定する場合など線形近似以外の方法についても具体的な言及がされていたのは好印象であった。最適な非線形判別分析をカーネル判別分析として再解釈する議論もまた,読者にとって有益であると思われる。

本書を通読して,確かに対象読者はパターン認識の基礎を「一通り」勉強し,微分積分・線形代数に「十分に慣れた」大学院生や研究者向け,という印象を持った。本書は早い段階で積分を駆使した変分法や確率計算,行列やベクトル計算,行列の偏微分など,高度な数学的操作が現れるため,それらにある程度習熟していることが望ましい。さもなくば,とても「スラスラ」とは読めないであろう。巻末の付録には線形代数,最適化,確率統計の基礎事項がまとめてあり,読者への配慮は伺える。ただし,それらはあくまで備忘録として参照する程度に済むくらいの読者が対象といえるだろう。本書の「まえがき」では付録の存在・活用法について一切言及がないため,ここは幾分残念な点であった。

シリーズ 情報科学における確率モデル 1

  統計的パターン認識と判別分析

栗田多喜夫 広島大教授 博士(工学) 著

日高章理 東京電機大准教授 博士(工学) 著

… 著者ホームページです
発行年月日:
2019/01/15
判 型:A5
ページ :236頁
ISBN:
978-4-339-02831-7
定 価: 3,672円
(本体3,400円+税5%)

Book Review

読者モニターレビュー 【ながれ様(大学教員,専門:流体力学)】

 本書は数値流体計算の手法の一つである「格子ボルツマン法」について扱っている。著者は1999年に同社から「格子気体法・格子ボルツマン法」を出しているが、本書はその大幅な改定版として位置づけられるであろう。ページ数はわずかに減少したものの、付属のFDがDVDとなって充実したことと価格が安くなったことは大いに評価できる。
 内容としては、旧著は比較的歴史の浅い同手法についての初期の和書として普及に一定の役割を果たしたが、詰め込み過ぎの感があり、構成上少々無理がある部分もあった。本書は旧著のそのような欠点が解消され、大幅に読みやすくなっている。新たに同手法を勉強しようと考えている学生や研究者には習得が容易になったことと思う。また、旧著発刊後20年近くの同手法の進展が取り込まれていて、取り扱われている例も同手法が有利であるものにシフトしている。旧著を持っている人も本書を入手する価値はあるであろう。

  格子ボルツマン法・差分格子ボルツマン法
-DVD付き -

蔦原道久 神戸大名誉教授 Ph.D. 著

… 著者ホームページです
発行年月日:
2018/12/17
判 型:A5
ページ :144頁
ISBN:
978-4-339-04658-8
定 価: 2,376円
(本体2,200円+税5%)

Book Review

読者モニターレビュー 【ふじわらともこ様(色彩、デザインディレクション、芸術教育(こども))】

 私達が暮らす「まち」は、
生き物かもしれない。
そう実感し、新たな視点がみつかる一冊です。

 2018年は、未曽有の災害に見舞われた年でしたが、
力学的視点に重点が置かれた構造物でさえも
自然の猛威にはあっさりと
のみ込まれてしまう現実を
見せつけられました。

災害により
直視せざえるを得なくなった「まち」の生態。

そんな病に侵された「まち」の姿についても
紹介されていたのは興味深く感じました。

 さらに、生き物の進化の観点から
都市(まち)の未来についても
著者は語っています。

 災害の多かった今年、
改めて都市(まち)を生き物の観点から
みつめ直してみることは、
この国に住む私達に与えられた「宿題」
かもしれません。

私達が暮らす「まち」は生き物なのだからー
★~~~~~
 個人的にも文系の私でも読みやすく、本の装丁次第で研究書だけのカテゴリーで販売されるのは、勿体ないのではと感じるほどでした。著者の文章はとても読みやすく通勤途中でもあっという間に読めそうです。

  生き物から学ぶ まちづくり
-バイオミメティクスによる都市の生活習慣病対策 -

谷口守 筑波大教授 工博 著

… 著者ホームページです
発行年月日:
2018/10/10
判 型:A5
ページ :128頁
ISBN:
978-4-339-05260-2
定 価: 1,944円
(本体1,800円+税5%)

Book Review

読者モニターレビュー 【濵村一航(博士課程学生,専門:量子情報理論)】

本書はタイトルの通り観測に基づく量子計算,いわゆる測定型量子計算を題材としている本です。
測定型量子計算はゲート型量子計算や断熱量子計算とならぶ量子計算のモデルの1つで,その特徴はリソース状態と呼ばれる”量子的”な状態を準備するプロセスと,測定というプロセスの二種類に分けていることで,理論的に非常に扱いやすいというメリットがあります。それだけではなく,実験的にも測定型量子計算に向いている物理系があるため,測定型量子計算は理論・実験の両面から重要なモデルだと言えます。
測定型量子計算は物性物理・誤り耐性量子計算・古典統計物理学・セキュアクラウド量子計算・計算量理論と様々な分野と関係があり本書の話題は多岐にわたります。さらに本書の後半では日本の量子計算理論を代表する著者ら自身の結果にも触れていて,この著者らにしか書けない本です。
量子計算理論に関心がある人は必読だと思います。

  観測に基づく量子計算

小柴健史 埼玉大教授 博士(理学) 著

藤井啓祐 東大助教 博士(工学) 著

森前智行 群馬大助教 博士(学術) 著

… 著者ホームページです
発行年月日:
2017/03/10
判 型:A5
ページ :196頁
ISBN:
978-4-339-02870-6
定 価: 3,024円
(本体2,800円+税5%)

Book Review

なつき 様

自然言語処理に関する入門書としては非常にわかりやすく、独学でも理解できました。「もう少し詳しく知るには」や参考文献の充実の他、演習問題の解答もしっかり掲載されていたのがよかった。この本で説明されている理論からプログラムにおける実装につながる参考書があればぜひ購入したい。

  自然言語処理の基礎

奥村学 東工大教授 工博 著

… 著者ホームページです
発行年月日:
2010/10/28
判 型:A5
ページ :164頁
ISBN:
978-4-339-02451-7
定 価: 2,268円
(本体2,100円+税5%)
1 - 10件目を表示 <前ページ 12345678次ページ