書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME > 検索結果

検索結果

ジャンル : 人間科学で検索した結果、 【27件】見つかりました。
表示順:  昇・降:  表示件数:
1 - 15件目を表示 <前ページ 12次ページ
表紙 書名(下線部をクリックすると詳細表示へ進みます)  定価   発行年月日 
こころと脳の科学

日常と非日常からみる こころと脳の科学

宮崎真 編著 / 阿部匡樹 編著 / 山田祐樹 編著 / 井隼経子 編著 / 小野史典 編著 / 門田浩二 編 / 門田宏 編著 / 河内山隆紀 編 / 高橋康介 編著 / 戸松彩花 編 / 羽倉信宏 編著 / 平島雅也 編著 / 吉田真一 編 / 荒牧勇 著 / 有賀敦紀 著 / 池上剛 著 / 大泉匡史 著 / 狩野芳伸 著 / 黒田剛士 著 / 鈴木迪諒 著 / 田中章浩 著 / 西村幸男 著 / 宮脇陽一 著 / 吉江路子 著 / 渡邊克巳 著

「自分でくすぐるとくすぐったくない」等の日常生活で馴染みのある経験,また「危険な経験はスローモーションに感じる」等の特殊条件下で顕わになる非日常的な不思議な体験を手がかりに,心理学と脳科学の知見をわかりやすく紹介。

在庫あり

  2,808円 2017/10/20
認知脳科学

認知脳科学

嶋田総太郎 著

本書は,文理系の大学生がはじめて脳科学および認知科学を学ぶ際の教科書を想定して執筆した。可能な限り図を多く掲載し,初学者でもわかりやすく,かつ教科書としての一定のレベルを保った専門的知識を提供する教科書となっている。

在庫あり

  3,132円 2017/03/08
はじめての老化学・病理学

はじめての老化学・病理学 人間科学のためのライフサイエンス入門

千葉卓哉 著

寿命と老化を中心に解説し,老化に伴って発症する身近な疾患の病理学を学べるよう構成。我々がなぜ老化し,病気になり,やがて死に至るのかを考え,天寿を全うするにはどのような科学的信頼のある方法があるのかを理解してほしい。

在庫あり

  2,376円 2016/04/22
ハイテクと仮想の世界を生きぬくために

ハイテクと仮想の世界を生きぬくために  (新コロナシリーズ  60 )

齋藤正男 著

いま人類に迫る数多くの危機は,際限なく膨張する欲望から機械への依存心を通して浮上する。それを防ぐのは自分で考える自律心であり,その元は多様性の中に生きる意識である。本書では,将来を展望しどう生きるべきかを問うている。

在庫あり

  1,296円 2015/03/27
性差の人間科学

性差の人間科学

山内兄人 著

からだと脳には性差がある。それは男女の生殖機能の違いによるものであり,人間の行動や社会生活の中に様々な形で現れる。本書はからだ,脳,こころ,行動,病気,さらに衣食住における性差について考えるための入門書である。

在庫あり

  2,808円 2008/09/25
いのちのバイオエシックス

いのちのバイオエシックス 環境・こども・生死の決断  (ヒューマンサイエンスシリーズ  11 )

早大人間総合研究センター 監修 / 木村利人 他編著

科学技術の発展とともに,バイオエシックスはいつも新しい課題に直面し,挑戦している。この新しい挑戦を「環境・自然」,「こどもの医療」,「生死の決断」など,私たちのいのちに最も関わりのある重要なテーマで解説した。

在庫あり

  2,052円 2008/07/08
動物の心 人間の心

動物の心 人間の心 科学はまだ心をとらえていない

戸川達男 著

どうして人間の心はもっとよくわからないのだろうか?「心」に関するさまざまな問題を1章ごとに整理し,誰でも専門知識なしに気軽に読むことのできるようまとめた。未解決の問題の突破口を見つけるのはあなたかもしれない。

在庫あり

  2,376円 2008/03/31
現代に生きる養生学

現代に生きる養生学 その歴史・方法・実践の手引き  (ヒューマンサイエンスシリーズ  10 )

早大人間総合研究センター 監修 / 石井康智 編著

養生とは字のごとく命を養うことである。命を養うとはどのようなことなのか,東洋医学,東洋哲学,心理学,行動学,健康科学,健康心理学など様々な領域の研究者によって現代まで生きる養生学が解説された良書。

在庫あり

  1,944円 2008/01/11
認知変数連結論

認知変数連結論 認知心理学を見つめ直す

中島義明 著

今まで独立して扱われてきた「認知変数」を理論的に検討し,連結作業を試みたはじめての書。「認知変数」という語を通常の概念枠を超え「認知的構成概念」や「認知的事象」まで包含し広義かつ緩い表現として用いるなど工夫している。

在庫あり

  2,808円 2007/11/02
情報の人間科学

情報の人間科学 認知心理学から考える

中島義明 著

本書は,人間と環境との相互作用を円滑に進めるために求められる媒介学・連結学としての『人間科学』というものを,「情報と人間とのかかわり」という問題意識のもとに,認知心理学の視座より考察・記述したものである。

在庫あり

  2,160円 2007/09/10
ハイテク・ITで変わる人間社会

ハイテク・ITで変わる人間社会 人間と機械の異文化交流

斎藤正男 著

人間と機械が混在する社会の中で,ハイテク・ITなど機械の能力がしだいに高まっていくとき,人間と機械の関係はどうなっていくのか。医学と工学の境界で研究してきた著者が,様々な問題点を指摘しながら人間と機械の将来像を描く。

在庫あり

  2,484円 2006/10/27
脳が作る感覚世界

脳が作る感覚世界 生体にセンサーはない

小林茂夫 著

対象が出す波が届くと,耳や目の受容器はセンサーでなく比較器として働き,脳を活動させて音や光の感覚を生む。本書は,感覚を生理学の手法で解析し,哲学,情報学の視点で読み解く。今までの生理学の枠組みとは異なる見方で述べる。

在庫あり

  3,132円 2006/05/23
ホルモンの人間科学

ホルモンの人間科学

山内兄人 著

からだの働きはホルモンによって調子が整えられ,ストレスから守られている。本書ではからだの中でのホルモンの役割と内分泌器官の構造と働きについて詳しく解説した。好評の既刊「脳の人間科学」の姉妹本である。

在庫僅少

  2,916円 2006/03/20
動物の老い 人間の老い

動物の老い 人間の老い 長寿の人間科学

戸川達男 著

人間は文化を持ち生命の危険を避ける様々な知恵を蓄積して寿命を延ばしてきた。本書では長寿を生きる中で遭遇する問題の所在を明らかにするとともに,高難度でさしせまった課題にどう対処していくか,超高齢社会を生きる知恵を示す。

在庫僅少

  1,728円 2005/11/07
人工臓器で幸せですか?

人工臓器で幸せですか?  (ヒューマンサイエンスシリーズ  9 )

早大人間総合研究センター 監修 / 梅津光生 編著 / 藤本哲男 著 / 白石泰之 著 / 岩崎清隆 著

ペースメーカ,人工弁,人工血管を移植した方へ直接インタビューを行い,人工臓器がいかに生活の質の向上に役立っているかを紹介,さらに,人工臓器の開発の歴史,現状,将来をバイオエンジニアリングの視点から平易に解説した。

在庫僅少・カバーなし

  1,620円 2005/10/31
1 - 15件目を表示 <前ページ 12次ページ