書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 科学一般  / 新コロナシリーズ  / 新コロナシリーズ  > 宇宙からの交響楽

書籍詳細

新コロナシリーズ 21)

  宇宙からの交響楽
- 超高層プラズマ波動 -

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

早川正士 電通大教授 工博 著

発行年月日:1993/08/10 , 判 型: B6,  ページ数:174頁

ISBN:978-4-339-07671-4,  定 価:1,258円 (本体1,165円+税)

人類が宇宙空間を旅したり,実際に生活することもさほど遠くない将来と予想される。本書は,地球周辺や惑星で発生する超高層プラズマ波動に焦点を絞り,その特性や伝搬のメカニズムを平易に解説し,宇宙空間の環境を興味深く紹介。

【目次】

1. 超高層プラズマ波動とは
 超高層とはどこでしょうか
 プラズマとはなんでしょう
 波動とはなんですか
2. 地球周辺の雑音電波
1. 超高層プラズマ波動とは
 超高層とはどこでしょうか
 プラズマとはなんでしょう
 波動とはなんですか
2. 地球周辺の雑音電波
 地球大気環境
 地球電磁環境
 大気雑音・雷放電
 空電の周波数分布
3. 宇宙からの口笛(ホイスラ)
 ホイスラの発見
 ホイスラの伝わり方
 ホイスラにより地球磁気圏の構造が解明される
 磁化イオン理論とイオンの関与するホイスラ
 日本の科学者の果たした役割
4. 宇宙からの交響楽(電子の奏でる音)
 VLF放射の歴史といろいろ
 VLF放射の発生機構
 VLF/ELFヒスの発生
 磁気圏が荒れたときの鳥のさえずり(コーラス放射)
 磁気圏を制御する
 波の発生が磁気圏エリートプラズマにも影響する
 人間活動が自然界を汚染している
 日本の研究者も大活躍
5. 陽子の交響楽
 エリート女性も頑張る
 電子のさえずりが陽子のさえずりと関係する
6. 宇宙からの口笛や交響楽の伝搬方向を決定する(方位測定)
 衛星上での方位測定
 地上方位測定
7. 他の惑星にも雷がありそうだ
 惑星の大気
 金星には雷がありそうだ
 木星にも雷はありそうだ
8. ホイスラは地震予知にも有効では?
 電波によるホイスラの予知の可能性
 ホイスラは地震予知できるか
 地震前兆電波の発生場所を決定しよう
9. 科学者とは,科学者の役得
科学者とは
論文から著者を推測する
科学者のロビー外交
あとがき
参考文献

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。