書名で キーワードで

詳細検索 >>

書籍詳細

新コロナシリーズ 3)

  音戯話

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

山下充康 小林理学研究所所長 工博 著

発行年月日:1989/07/25 , 判 型: B6,  ページ数:122頁

ISBN:978-4-339-07654-7,  定 価:1,080円 (本体1,000円+税)

情報を伝える音,音楽のように安らぎを与える音,騒音,危険を知らせる信号音などさまざまな音の物理的な諸特性を,音響学で使われるむずかしい数式をさけて,身近な例で親しみやすく解説した。

【目次】

1. 音とは
2. 音の伝わる速さ
3. 高い音と低い音
4. 人は音をどう聞くか
5. 聴覚の周波数特性
1. 音とは
2. 音の伝わる速さ
3. 高い音と低い音
4. 人は音をどう聞くか
5. 聴覚の周波数特性
6. 小さな音,大きな音
7. 音の誕生,その種類
8. 拍手の音
9. 太鼓の音
10. 口笛の音
11. 弦楽器の音
12. バイオリンの弓
13. 人の声
14. 音の伝搬
15. 屋外における音の伝搬
16. 室内における音の伝搬
17. ホールの音響
18. 特殊な伝搬,囁きの回廊と鳴き竜
19. 骨を伝わる音
20. 音の波形を観る
21. 周波数分析
22. 声紋
23. 音の大きさを計る
24. 左右二つの耳の役割
25. スピーカの箱
26. 音を音で消す
27. 音を断つ
28. 横波のいたずら
29. 防音塀
30. 騒音という嫌われ者
31. 騒音による被害
32. 騒音の防止
33. 騒音の予測
34. 静けさ感覚
35. 耳の眼鏡,補聴器
36. 音と仲良く付き合う法

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。