書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > ME・医学・福祉  / 診療放射線技師関連  / 診療放射線技師関連  > 医用磁気共鳴イメージング論

書籍詳細

診療放射線技師を目指す学生のための   医用磁気共鳴イメージング論

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

佐々木博 国際医療福祉大教授 工博 著

山形仁 東芝メディカルシステムズ(株) 工博 著

発行年月日:2015/03/05 , 判 型: B5,  ページ数:126頁

ISBN:978-4-339-07239-6,  定 価:2,376円 (本体2,200円+税)

本書は,診療放射線技師を目指す学生の教科書として,半期の講義で使用することを想定している。図を多用しわかりやすく解説をし,章末には演習問題をつけるとともに,国家試験にも対応できるように配慮した。

【目次】

1.MRIの歴史

2.静磁場中の磁化とその運動
2.1 静磁場と磁化
2.2 歳差運動
1.MRIの歴史

2.静磁場中の磁化とその運動
2.1 静磁場と磁化
2.2 歳差運動
2.3 磁気共鳴
 コラム H対B,および磁性
演習問題

3.スピンの励起と緩和
3.1 スピンの励起
3.2 MR信号の発生
3.3 スピンの緩和
3.3.1 縦緩和と縦緩和の式
3.3.2 繰返し励起時の縦緩和
3.3.3 横緩和
3.3.4 横緩和の原因
3.3.5 横緩和の式
3.3.6 見かけの横緩和
3.3.7 Blochの方程式
3.3.8 緩和時間の磁場依存性
演習問題

4.MR画像の生成
4.1 傾斜磁場
4.2 選択励起法
4.2.1 選択励起の原理
4.2.2 選択励起パルス波形
4.2.3 選択励起パルス幅と強度
4.2.4 マルチスライス選択励起
4.3 周波数エンコード
4.3.1 周波数エンコードの原理
4.3.2 周波数エンコード用傾斜磁場Grと信号収集
4.3.3 周波数エンコードのシミュレーション
4.3.4 信号収集時間と読出し傾斜磁場強度Gr
4.4 位相エンコード
4.4.1 位相エンコードの原理
4.4.2 位相エンコード用傾斜磁場Gpと信号収集
4.4.3 位相エンコードのシミュレーション
4.5 直交位相検波と出力信号のサンプリング
4.5.1 直交位相検波
4.5.2 直交位相検波出力信号のサンプリング
4.6 画像の生成
4.6.1 サンプリング出力のk空間配置
4.6.2 2次元フーリエ変換による画像の生成
演習問題

5.基本パルスシーケンス
5.1 180°反転パルスとスピンエコー
5.2 反転傾斜磁場パルスとグラディエントエコー
5.3 スピンエコー法
5.4 マルチエコー法
5.5 インバージョンリカバリ法
5.5.1 STIR法
5.5.2 FLAIR法
5.5.3 SPIR法
5.6 グラディエントエコー法
演習問題

6.MR画像のコントラストとS/N
6.1 画像コントラストを決めるパラメータ
6.2 スピンエコー法での画像コントラスト
6.2.1 TRの効果
6.2.2 TEの効果
6.2.3 T1強調,T2強調,プロトン密度強調画像とTR,TE
6.2.4T1強調,T2強調,プロトン密度強調画像の画像例
6.3 グラディエントエコー法での画像コントラスト
6.4 画像S/N,C/Nと測定法
6.4.1 画像S/Nの定義
6.4.2S/Nの測定方法
6.4.3C/Nの定義と測定
演習問題

7.高速スキャン
7.1 高速スピンエコー法
7.2 高速グラディエントエコー法
7.2.1 spoiled GRE法
7.2.2 balanced SSFP法
7.2.3 エコープラナ法
演習問題

8.流れと拡散のイメージング
8.1 タイムオブフライト法
8.2 位相コントラスト法
8.3 MRアンジオグラフィ
8.4 読出し傾斜磁場パルスでの流れの影響
8.5 拡散強調イメージング
8.6 灌流イメージング
演習問題

9.画像に影響するその他の因子あるいは効果
9.1 ケミカルシフト
9.1.1 ケミカルシフトの原理
9.1.2 ケミカルシフトの脂肪信号抑制への応用
9.2 磁化移動効果
9.3 BOLD効果
演習問題

10.アーチファクト
10.1 動きのアーチファクト
10.2 折返しアーチファクト
10.2.1 折返しアーチファクトのシミュレーション
10.2.2 折返しアーチファクト対策
10.3 打切りアーチファクト
10.4 ケミカルシフトアーチファクト
10.5 磁化率アーチファクト
演習問題

11.MRI装置構成
11.1 システム構成
11.2 円形コイルによる磁場
11.3 静磁場系
11.3.1 静磁場の指標
11.3.2 超電導磁石システム
11.3.3 永久磁石システム
11.3.4 シミング
11.4 傾斜磁場システム
11.4.1 傾斜磁場コイル
11.4.2 傾斜磁場アンプ
11.5 送受信システム
11.5.1 送信回路系
11.5.2 送信アンプ
11.5.3 送受信切替器
11.5.4 受信回路系
11.6 RFコイル
11.6.1 送信コイル
11.6.2 受信コイル
11.6.3 受信信号のS/N
11.6.4 フェーズドアレイコイル
11.6.5 パラレルイメージング
11.7 制御・画像処理・コンソール系
演習問題

12.MRI装置の安全性
12.1 安全法規格
12.2 MRI装置の生体作用と安全性
12.2.1 神経刺激作用
12.2.2 熱的作用
12.2.3 静磁場
12.2.4 傾斜磁場
12.2.5 高周波磁場
12.3 MRI装置の力学作用と安全性

参考:MRIにおける空間と磁場の考え方

むすび
索引

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。