書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > ME・医学・福祉  / ME(生体医工学)  / ME教科書シリーズ  > 臨床工学(CE)とME機器・システムの安全

書籍詳細

ME教科書シリーズ F-2)

  臨床工学(CE)とME機器・システムの安全

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

渡辺敏 北里大名誉教授・医療機器センター理事長 医博 編著

池田研二 埼玉医大教授 工博 著

加納隆 埼玉医大教授 博士(学術) 著

廣瀬稔 北里大助教授 医博 著

戸畑裕志 久留米大学病院 博士(医学) 著

発行年月日:2006/11/17 , 判 型: B5,  ページ数:240頁

ISBN:978-4-339-07182-5,  定 価:4,212円 (本体3,900円+税)

本書では,医療現場で必要とされている安全管理という観点から,比較的新しい学際領域である臨床工学の概念と臨床工学技士の果たす役割を解説し,同時に各種医療機器が使用される生体の構造,機能およびその反応について説明した。

【目次】

1.臨床工学と安全管理
1.1 MEとは
1.2 臨床工学とは
1.3 臨床工学と臨床工学技士
1.4 医療機器,関連設備の安全管理
1.臨床工学と安全管理
1.1 MEとは
1.2 臨床工学とは
1.3 臨床工学と臨床工学技士
1.4 医療機器,関連設備の安全管理
1.5 安全管理に必要な基準,規格など
 1.5.1 医療機器関係規格
 1.5.2 電気設備関係
 1.5.3 医療ガス設備関係

2.生体物性と安全管理
2.1 医療の安全と生体物性の概要
 2.1.1 生体物性の安全性へのかかわり
 2.1.2 生体系の階層構造
 2.1.3 生体系の物性的特異性
 2.1.4 物理的エネルギーへの反応
2.2 生体物性から見た生体の構造機能とそのモデル
 2.2.1 生体の受動的電気物性
 2.2.2 生体の能動的電気物性
 2.2.3 生体の受動的力学物性
 2.2.4 生体の能動的力学物性
 2.2.5 生体の流体力学的物性
 2.2.6 生体の超音波物性
 2.2.7 生体の熱的物性
 2.2.8 生体の光学的物性
 2.2.9 生体の放射線物性
2.3 物理的エネルギーの生体作用
 2.3.1 電流の生体作用
 2.3.2 電磁気の生体作用
 2.3.3 力学的エネルギーの生体作用
 2.3.4 超音波の生体作用
 2.3.5 熱エネルギーの生体作用
 2.3.6 光エネルギーの生体作用
 2.3.7 放射線の生体作用

3.ME機器・システムの安全管理
3.1 電撃と安全管理
 3.1.1 人体の電撃に対する周波数特性
 3.1.2 マクロショックとミクロショック
3.2 ME機器・システムの安全管理に関する基準
 3.2.1 医用電気機器の安全通則(JIS T 06011)
 3.2.2 医用電気機器の安全性試験方法通則(JIS T 06011)
 3.2.3 医用電気機器の図記号ならびに表示光色
3.3 病院電気設備とその安全基準
 3.3.1 保護接地と医用コンセント
 3.3.2 接地極
 3.3.3 等電位接地
 3.3.4 非常電源
 3.3.5 非接地配線方式
3.4 ME機器・システムの安全管理技術
 3.4.1 系統的管理の必要性
 3.4.2 医療機器の購入
 3.4.3 医療機器の運用
 3.4.4 医療機器の保守・点検
 3.4.5 医療機器の廃棄基準
 3.4.6 保守管理の今後の課題
3.5 病院電気設備の安全管理技術
 3.5.1 電気設備のピットフォール
 3.5.2 停電の種類
 3.5.3 非常電源の現状と対策
 3.5.4 過電流事故対策
 3.5.5 2Pコンセントの問題
 3.5.6 コンセントの劣化
3.6 システム安全
 3.6.1 人間工学的安全対策
 3.6.2 システム安全の分析手法
 3.6.3 信頼性の確率としての評価法
 3.6.4 信頼性の時間関数としての評価法
3.7 電磁環境と安全管理
 3.7.1 電磁障害とEMC
 3.7.2 医療電磁環境の特徴と現状
 3.7.3 商用交流障害
 3.7.4 電気メスによる電磁障害
 3.7.5 携帯電話による電磁波障害
 3.7.6 医用テレメータの混信
 3.7.7 EMC管理者
 3.7.8 EMCに関する法的な規制
3.8 医療機器関連情報の管理

4. 医療ガスの安全管理
4.1 医療ガスの種類と性質および用途
 4.1.1 酸素,液化酸素
 4.1.2 亜酸化窒素(笑気)
 4.1.3 窒素,液体窒素
 4.1.4 二酸化炭素(炭酸ガス)
 4.1.5 圧縮空気,合成空気
 4.1.6 酸化エチレン(滅菌ガス)
 4.1.7 吸引(陰圧のガス)
4.2 医療ガスの供給
 4.2.1 中央配管方式
 4.2.2 個別方式
4.3 医療ガスにかかわる異常
 4.3.1 供給源での異常
 4.3.2 配管および配管端末器での異常
 4.3.3 酸素ボンベでの異常
 4.3.4 高気圧酸素療法装置に関する異常
4.4 医療ガスの安全に関係する基準
 4.4.1 法律,規定
 4.4.2 JIS T 7101「医療ガス配管設備」
 4.4.3 医療ガス安全・管理委員会

5. おもなME機器の保守・点検
5.1 診断監視装置の保守・点検
 5.1.1 心電計・心電図モニタ
 5.1.2 血圧計
 5.1.3 パルスオキシメータ
 5.1.4 カプノメータ
 5.1.5 体温計
 5.1.6 超音波診断装置
5.2 治療用装置の保守・点検
 5.2.1 心臓ペースメーカ
 5.2.2 除細動器
 5.2.3 大動脈内バルーンパンピング装置
 5.2.4 電気メス
 5.2.5 個人用透析装置
 5.2.6 人工呼吸器
 5.2.7 レーザ手術装置
 5.2.8 保育器
 5.2.9 麻酔器
 5.2.10 吸引装置
 5.2.11 輸液ポンプ

6.ME機器の滅菌・消毒
6.1 ME機器と感染症
 6.1.1 医療施設で問題となる病原性微生物
 6.1.2 ME機器と感染症
 6.1.3 感染症対策
6.2 滅菌・消毒の実際
 6.2.1 滅菌
 6.2.2 消毒

参考資料
引用・参考文献
索引

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。