書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 理学  / 物理学  / 物理学実験  > 入門物理学実験

書籍詳細

  入門物理学実験
- 体でつかむ物作りの基礎 -

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

伊藤敏 愛知工科大教授 理博 著

村守清 元愛知工科大教授 理博 著

磯貝正弘 愛知工科大講師 博士(工学) 著

坂口鋼一 愛知工科大助手 著

伊藤豊明 愛知工科大 著

発行年月日:2003/10/10 , 判 型: A5,  ページ数:192頁

ISBN:978-4-339-06603-6,  定 価:2,376円 (本体2,200円+税)

ジャンル:

長さ,時間,質量,光,熱,電気が起こす現象を身近なモノを題材に手足を動かして観測し,なにをしているかがわかる実験を提案する。学生は身体感覚とつながった想像力が喚起され,学ぶことのおもしろさを実感できる。

【目次】

1.総論
 1.1 目的
 1.2 記録の方法
  1.2.1 実験ノート
1.総論
 1.1 目的
 1.2 記録の方法
  1.2.1 実験ノート

2.測定データの取り扱い
 2.1 有効数字
  2.1.1 計算と有効数字
 2.2 平均値とバラツキ
  2.2.1 平均値
  2.2.2 バラツキ
 2.3 最小二乗法
  2.3.1 実験式が直線の場合
  2.3.2 最小二乗法による求め方
 2.4 測定量の表現
  2.4.1 物理量と単位の表現法
  2.4.2 表
  2.4.3 グラフ

3.力学
 3.1 身近な物を測ろう
  3.1.1 目的:長さの測定
  3.1.2 原理:アナログ量読み取りの基本
  3.1.3 実験
  3.1.4 結果
  3.1.5 発展
 3.2 振り子
  3.2.1 目的:周期
  3.2.2 原理
  3.2.3 実験:時間を計る
  3.2.4 結果
  3.2.5 発展
 3.3 精密な長さ測定
  3.3.1 目的:ノギスとマイクロメータ
  3.3.2 原理:副尺
  3.3.3 実験
  3.3.4 結果
 3.4 鉄と水はどちらが重い?
  3.4.1 目的:質量と密度
  3.4.2 原理
  3.4.3 実験
  3.4.4 結果
  3.4.5 発展
 3.5 速度とは,加速度とは
  3.5.1 目的:等速・等加速度運動
  3.5.2 実験
  3.5.3 結果
 3.6 たわみを調べる―小さな変化を鏡で拡大―
  3.6.1 目的:ヤング率と光てこ
  3.6.2 原理
  3.6.3 実験
  3.6.4 結果
  3.6.5 発展

4.電気電子回路
 4.1 オームの法則を確かめる
  4.1.1 目的:電流計・電圧計を使いこなす
  4.1.2 原理:オームの法則
  4.1.3 実験
  4.1.4 結果
  4.1.5 発展
  4.1.6 電気回路関係の資料
 4.2 抵抗を組み合わせる
  4.2.1 目的:直列接続・並列接続・直並列接続
  4.2.2 原理
  4.2.3 実験
  4.2.4 結果
  4.2.5 発展
 4.3 出たり入ったり収支決算はゼロ
  4.3.1 目的:キルヒホッフの法則
  4.3.2 原理
  4.3.3 実験
  4.3.4 結果
  4.3.5 発展
 4.4 一方通行の魔術
  4.4.1 目的:ダイオード
  4.4.2 原理
  4.4.3 実験
  4.4.4 結果
  4.4.5 発展
 4.5 増幅とは
  4.5.1 目的:トランジスタ
  4.5.2 原理
  4.5.3 実験
  4.5.4 結果
  4.5.5 発展

5.光
 5.1 光はせっかち
  5.1.1 目的:屈折率
  5.1.2 原理:見かけの厚さで屈折率測定
  5.1.3 実験
  5.1.4 結果
  5.1.5 発展
 5.2 光で縞模様
  5.2.1 目的:干渉を利用した厚み測定
  5.2.2 原理:波の重なり・干渉
  5.2.3 実験
  5.2.4 結果
  5.2.5 発展

6.熱
 6.1 針金を温めると電気
  6.1.1 目的:熱電対による起電力測定
  6.1.2 原理
  6.1.3 実験
  6.1.4 結果
 6.2 どちらが熱しやすく冷めやすい
  6.2.1 目的:熱
  6.2.2 原理
  6.2.3 実験
  6.2.4 結果
 6.3 電気でお湯を沸かす
  6.3.1 目的:ジュール熱
  6.3.2 原理
  6.3.3 実験
  6.3.4 結果

7.電磁現象
 7.1 見えない電気の通り道を見る
  7.1.1 目的:等電位線の可視化
  7.1.2 原理:電位
  7.1.3 実験
  7.1.4 結果
  7.1.5 発展
 7.2 電気を貯める
  7.2.1 目的:コンデンサ製作
  7.2.2 原理:静電容量
  7.2.3 実験
  7.2.4 結果
  7.2.5 発展
 7.3 発電機とモータ
  7.3.1 目的:電磁誘導の理解
  7.3.2 原理
  7.3.3 実験
  7.3.4 結果
  7.3.5 発展
 7.4 信号の波形を見る道具
  7.4.1 目的:オシロスコープを使う
  7.4.2 原理
  7.4.3 実験
  7.4.4 結果
  7.4.5 発展

付録
1 国際単位系(SI)
2 測定値と誤差
 2.1 誤差の種類
3 最確値の求め方
 3.1 直接測定の最確値(平均値)
 3.2 間接測定の最確値
4 報告書
 4.1 報告書の記述パターン
 4.2 心構え
5 オシロスコープの取り扱い
 5.1 操作部の説明
 5.2 操作部の補足説明
 5.3 オシロスコープの測定前の準備

参考文献
索引

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。