書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 土木工学  / 設計・施工  / 施工一般  > 施工管理学

書籍詳細

環境・都市システム系 教科書シリーズ 10)

  施工管理学

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

友久誠司 明石高専教授 工博 著

竹下治之 元高松高専教授 工博 著

発行年月日:2004/01/06 , 判 型: A5,  ページ数:240頁

ISBN:978-4-339-05510-8,  定 価:3,132円 (本体2,900円+税)

ジャンル:

本書は,建設工事の施工について,調査・試験から各種工法や技術および考え方などをわかりやすく解説し,また,施工管理の手法や環境関係の調査試験・基準についても詳述する。各章の演習問題では,それぞれの習熟度が確認できる。

【目次】

目     次
1.  総説
1.1  土木工事の特徴・・・1
1.2  施工体系・・・3
1.3  環境影響評価・・・4
目     次
1.  総説
1.1  土木工事の特徴・・・1
1.2  施工体系・・・3
1.3  環境影響評価・・・4
1.4  設計,積算と入札・・・7
 1.4.1 設計書と仕様書・・・7
 1.4.2 積算・・・7
 1.4.3 入札・・・9
1.5  施工のための調査・試験・・・10
 1.5.1 地形・地質・・・10
 1.5.2 地盤調査・・・12
 1.5.3 ボーリング・・・14
 1.5.4 サンプリング・・・15
 1.5.5 原位置試験・・・16
1.6  環境保全のための調査・試験・・・17
1.7  工事用測量・・・22
演習問題・・・23
2.  建設機械
2.1  概説・・・24
 2.1.1 機械化施工・・・24
 2.1.2 動力・・・25
 2.1.3 エンジンと動力の伝達・・・26
2.2  土工機械と地盤材料・・・29
 2.2.1 地盤材料の分類・・・29
 2.2.2 トラフィカビリティー・・・31
 2.2.3 走行抵抗とけん引力・・・32
2.3  建設機械の作業能力の算定・・・35
 2.3.1 ブルドーザーの作業能力・・・36
 2.3.2 ショベル系掘削機の作業能力・・・38
 2.3.3 ダンプトラックの作業能力・・・40
2.4  建設機械の運営と管理・・・42
 2.4.1 機械経費・・・42
 2.4.2 機械損料・・・43
 2.4.3 運転経費・・・44
 2.4.4 建設機械の所要台数・・・44
演習問題・・・45
3.  土工
3.1  概説・・・47
 3.1.1 地盤材料の分類・・・47
 3.1.2 土工計画・・・51
 3.1.3 土量配分・・・53
3.2  掘削と運搬・・・54
 3.2.1 掘削方法と運搬方法・・・54
 3.2.2 切土・・・55
 3.2.3 土砂の掘削・・・57
 3.2.4 軟岩の掘削・・・61
 3.2.5 硬岩の掘削・・・62
 3.2.6 そのほかの岩掘削・・・68
3.3  盛土と締固め・・・70
 3.3.1 盛土・・・70
 3.3.2 締固めと品質管理・・・71
 3.3.3 締固め機械・・・74
3.4  ・浚渫と埋立て・・・77
3.5  法面の保護・・・80
演習問題・・・82
4.  基礎工
4.1  概説・・・84
 4.1.1 地盤の破壊形式と支持力・・・84
 4.1.2 基礎工の種類・・・86
4.2  基礎工にかかわる共通事項・・・87
 4.2.1 土留め工・・・87
 4.2.2 ヒービングとボイリング・・・90
 4.2.3 排水工法・・・91
4.3  浅い基礎工法・・・95
 4.3.1 浅い基礎の種類と特徴・・・95
 4.3.2 浅い基礎の支持力・・・96
4.4  深い基礎工法・・・99
 4.4.1 既製杭基礎・・・99
 4.4.2 場所打ち杭基礎・・・103
 4.4.3 ケーソン基礎・・・108
 4.4.4 深い基礎の支持力・・・110
4.5  地中連続壁工法・・・113
4.6  地盤改良工法・・・114
 4.6.1 概説・・・114
 4.6.2 置換工法・・・116
 4.6.3 載荷重工法・・・117
 4.6.4 ドレーン工法・・・117
 4.6.5 締固め工法・・・120
 4.6.6 薬液注入工法・・・122
 4.6.7 セメント・石灰安定処理工法・・・123
 4.6.8 凍結工法・・・125
演習問題・・・126
5.  コンクリート工
5.1  コンクリートの製造・・・128
 5.1.1 コンクリートに要求される品質・・・128
 5.1.2 計量および練混ぜ・・・129
 5.1.3 レディーミクストコンクリート・・・130
5.2  型枠・支保工・・・132
 5.2.1 型枠・支保工に作用する荷重・・・132
 5.2.2 型枠・・・133
 5.2.3 支保工・・・134
 5.2.4 型枠・支保工の取りはずし・・・134
5.3  コンクリートの施工・・・135
 5.3.1 運搬・打込み・締固め・・・135
 5.3.2 打継目・・・137
 5.3.3 養生・・・138
5.4  特別な配慮を要するコンクリート・・・140
 5.4.1 マスコンクリート・・・140
 5.4.2 流動化コンクリート・・・142
 5.4.3 暑中コンクリート・・・143
 5.4.4 寒中コンクリート・・・144
 5.4.5 水中コンクリート・・・145
 5.4.6 水密コンクリート・・・147
演習問題・・・147
6.  トンネル工
6.1  概説・・・149
 6.1.1 トンネルの種類・・・149
 6.1.2 トンネルの調査・・・150
 6.1.3 トンネルの設計・・・151
6.2  掘削・ずり出し・・・153
 6.2.1 掘削・・・153
 6.2.2 ずり出し・・・155
6.3  支保工・・・156
6.4  覆工・・・158
6.5  特殊工法・・・158
 6.5.1 開削トンネル工法・・・158
 6.5.2 シールド工法・・・159
 6.5.3 沈埋工法・・・162
 6.5.4 推進工法・・・163
演習問題・・・164
7.  ダム工
7.1  概説・・・165
 7.1.1 ダムの種類・・・165
 7.1.2 ダム建設にかかわる調査・・・166
7.2  準備工事・・・167
7.3  転流工事・・・168
7.4  基礎掘削と基礎処理・・・169
 7.4.1 基礎掘削・・・169
 7.4.2 基礎処理・・・169
7.5  コンクリートダムの施工・・・171
 7.5.1 ブロック工法・・・171
 7.5.2 ・・・RCD・工法・・・176
演習問題・・・178
8.  施工計画
8.1  施工計画の基本事項・・・179
 8.1.1 施工計画の目的・・・179
 8.1.2 施工計画の立案時の留意事項・・・179
8.2  施工計画の立案の手順とその内容・・・181
 8.2.1 事前調査・・・181
 8.2.2 施工技術計画・・・182
 8.2.3 仮設備計画・・・182
 8.2.4 調達計画・・・184
 8.2.5 管理計画・・・184
演習問題・・・188
9.  施工管理
9.1  施工管理の概要・・・189
 9.1.1 施工管理の目的・・・189
 9.1.2 施工管理の組織・・・189
 9.1.3 4大管理・・・190
 9.1.4 施工管理のサイクル・・・191
9.2  工程管理・・・192
 9.2.1 工程管理の意義・・・192
 9.2.2 工程表の種類・・・193
9.3  品質管理・・・196
 9.3.1 品質管理の意義・・・196
 9.3.2 品質保証計画・・・197
 9.3.3 品質管理の方法・・・198
 9.3.4 統計的な品質管理手法・・・199
 9.3.5 抜取検査・・・204
9.4  原価管理・・・206
 9.4.1 原価管理の意義・・・206
 9.4.2 原価管理の手順・・・206
 9.4.3 コストダウン・・・207
9.5  安全衛生管理・・・207
 9.5.1 安全衛生管理の必要性・・・207
 9.5.2 労働災害の発生原因・・・208
 9.5.3 労働災害の表し方・・・208
 9.5.4 安全衛生管理活動・・・209
9.6  そのほかの管理・・・210
 9.6.1 労務管理・・・210
 9.6.2 環境保全のための管理・・・211
演 習 問 題・・・212
 引用・参考文献・・・214
 演習問題解答・・・215
 索引・・・218

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。