書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 土木工学  / 水理学  / 水理学  > 水理学

書籍詳細

環境・都市システム系 教科書シリーズ 7)

  水理学

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

日下部重幸 神戸市立高専名誉教授 博士(工学) 著

檀和秀 明石高専教授 博士(工学) 著

湯城豊勝 阿南高専名誉教授 博士(工学) 著

発行年月日:2002/04/26 , 判 型: A5,  ページ数:200頁

ISBN:978-4-339-05507-8,  定 価:2,808円 (本体2,600円+税)

ジャンル:

初学者の理解を助けるため,基礎的な事項は丁寧に説明し,随所に「例題」を,章末には演習問題を配置している。全体的には基礎重視の記述ではあるが,より高度な理論の展開が発展性にも耐えうるよう記述した。

【目次】

1. 水の性質と単位
1.1 単位と次元
1.2 水の物理的性質
 1.2.1 水の密度と重量
 1.2.2 水の表面張力と毛管現象
1. 水の性質と単位
1.1 単位と次元
1.2 水の物理的性質
 1.2.1 水の密度と重量
 1.2.2 水の表面張力と毛管現象
 1.2.3 水の粘性
1.3 相似則
演習問題

2. 静水の力学
2.1 静水圧
 2.1.1 静水圧の表し方
 2.1.2 静水圧の強さ
 2.1.3 静水圧の作用する方向
 2.1.4 水圧計
 2.1.5 水圧機
2.2 平面に作用する静水圧
 2.2.1 水平な平面に作用する静水圧
 2.2.2 鉛直な平面に作用する静水圧
 2.2.3 傾斜した平面に作用する静水圧
2.3 曲面に作用する静水圧
 2.3.1 曲面に作用する鉛直方向の静水圧
 2.3.2 曲面に作用する水平方向の静水圧
2.4 浮力と浮体の安定
 2.4.1 浮力
 2.4.2 浮体の安定
2.5 相対的静止の水面
 2.5.1 水が直線運動をする場合
 2.5.2 水が回転運動をする場合
演習問題

3. 流れの基礎理論
3.1 流体,流速と流量
3.2 流れの分類
3.3 流れの連続性
 3.3.1 流線・流管・流跡線
 3.3.2 連続の式
3.4 ベルヌーイの定理
 3.4.1 流体のエネルギー
 3.4.2 ベルヌーイの定理
3.5 ベルヌーイの定理の応用
 3.5.1 ピトー管
 3.5.2 ベンチュリメーター
3.6 運動量方程式
3.7 運動量方程式の応用
演習問題

4. オリフィス,水門および堰
4.1 オリフィス
 4.1.1 小形オリフィス
 4.1.2 大形オリフィス
 4.1.3 潜りオリフィス
4.2 オリフィスによる排水時間
4.3 水門
4.4 堰
 4.4.1 四角堰
 4.4.2 全幅堰
 4.4.3 三角堰
 4.4.4 台形堰
 4.4.5 広頂堰
 4.4.6 潜り堰
 4.4.7 ベンチュリフルーム
演習問題

5. 管水路の流れ
5.1 管水路の流速分布
 5.1.1 壁面の摩擦力
 5.1.2 層流の流速分布
 5.1.3 乱流の流速分布
5.2 管水路の摩擦損失水頭
5.3 管水路の平均流速公式
 5.3.1 シェジーの公式
 5.3.2 ガンギレー-クッターの公式
 5.3.3 マニングの公式
 5.3.4 ヘーゼン-ウィリアムスの公式
5.4 摩擦以外の形状損失水頭
 5.4.1 流入による損失水頭
 5.4.2 断面変化による損失水頭
 5.4.3 曲がりによる損失水頭
 5.4.4 弁類などによる損失水頭
 5.4.5 流出による損失水頭
5.5 単線管水路
 5.5.1 エネルギー線と動水勾配線
 5.5.2 水位差,流量および管径の計算
5.6 サイフォン
5.7 分流および合流管路
5.8 管網
5.9 ポンプと水車
 5.9.1 ポンプ
 5.9.2 水車
演習問題

6. 開水路の流れ
6.1 開水路定常流の基礎式
6.2 常流と射流
 6.2.1 限界流・フルード数
 6.2.2 流積が場所的に変化する水路の流れ
 6.2.3 跳水
6.3 開水路の等流
 6.3.1 平均流速公式
 6.3.2 等流の計算
6.4 開水路の不等流
 6.4.1 一様断面水路の不等流
 6.4.2 不等流の水面形状の分類
 6.4.3 勾配変化部の水面形
6.5 不等流の水面形計算法
6.6 開水路の非定常流
演習問題

7. 流体力学の基礎方程式
7.1 流体力学における未知量
7.2 連続の式
7.3 非粘性流体の運動方程式
 7.3.1 加速度
 7.3.2 運動方程式
7.4 流体の変形と回転
 7.4.1 伸縮
 7.4.2 流体のずれ
 7.4.3 流体要素の回転
7.5 渦と循環
 7.5.1 渦
 7.5.2 循環
7.6 渦なし流れ
 7.6.1 速度ポテンシャル
 7.6.2 流れ関数
 7.6.3 ポテンシャル流れ
7.7 粘性流体の運動方程式
 7.7.1 応力と変形速度
 7.7.2 流体要素に働く応力
 7.7.3 流体要素に働く力
 7.7.4 流体要素の変形
 7.7.5 流体要素に働く粘性力
 7.7.6 ナビエ-ストークスの方程式
7.8 レイノルズの方程式
 7.8.1 乱れ
 7.8.2 レイノルズ応力
 7.8.3 レイノルズの方程式
7.9 エネルギーの式
 7.9.1 ベルヌーイの定理
 7.9.2 粘性によるエネルギー散逸(消散)
 7.9.3 エネルギー損失を考慮したベルヌーイの定理
演習問題

引用・参考文献
演習問題解答
索引

【レビュー】

丁寧に書かれていて、非常に分かりやすいです。理解の手助けに繋がる一冊です。
(syun 様)

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。