書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 土木工学  / 構造力学  / 構造力学  > はじめての構造力学

書籍詳細

書き込み式   はじめての構造力学

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

笠井哲郎 東海大教授 工博 著

島崎洋治 東海大名誉教授 Ph.D.・工博 著

中村俊一 東海大非常勤講師 Ph.D. 著

三神厚 東海大教授 博士(工学) 著

… 著者ホームページです

発行年月日:2019/06/07 , 判 型: B5,  ページ数:200頁

ISBN:978-4-339-05266-4,  定 価:3,564円 (本体3,300円+税)

ジャンル:

本書は,初学者が消化不良を起こさないよう,厳選した基本項目を詳しく解説した構造力学の教科書である。高校数学や物理学(力学)の復習を取り込むことで1冊で完結する内容とし,読者が主体的に学べるよう「書き込み式」を採用。

【目次】

★発行前情報のため若干変更されることがございます。ご了承ください。★

1. 力のつり合い
1.1 力とは
 1.1.1 力とは
★発行前情報のため若干変更されることがございます。ご了承ください。★

1. 力のつり合い
1.1 力とは
 1.1.1 力とは
 1.1.2 力の種類
 1.1.3 力の表現法
 1.1.4 力の単位
 1.1.5 力の作用線の法則
1.2 力の合成と分解
 1.2.1 力の合成
 1.2.2 力の分解
1.3 モーメント
 1.3.1 モーメントの概念
 1.3.2 モーメントの図示法
1.4 力のつり合い
 1.4.1 2力のつり合い
 1.4.2 3力のつり合い
 1.4.3 力の三角形
 1.4.4 1点で交わる力のつり合い(多数の力がある場合)
 1.4.5 1点で交わらない力のつり合い
1.5 剛体のつり合い
 1.5.1 剛体と質点
 1.5.2 力のモーメント
 1.5.3 モーメントのつり合い
 1.5.4 偶力
 1.5.5 剛体のつり合い
1.6 荷重のモデル化
章末問題

2. 構造材料の性質と強さ
2.1 応力とひずみ
 2.1.1 応力
 2.1.2 ひずみ
 2.1.3 応力とひずみの関係
2.2 各種部材に生じる応力と変形
 2.2.1 引張部材
 2.2.2 圧縮部材
 2.2.3 温度変化を受ける部材
2.3 組合せ応力とモールの応力円
 2.3.1 任意断面に作用する垂直応力とせん断応力
 2.3.2 モールの応力円
章末問題

3. 構造物と安定・不安定,静定・不静定
3.1 自由度
3.2 構造物の安定と不安定
 3.2.1 構造物を支える方法
 3.2.2 安定な構造物と不安定な構造物
3.3 構造物の静定と不静定

4. 静定トラス
4.1 静定トラスの概要
4.2 支点反力
4.3 トラスの解法
 4.3.1 節点法
 4.3.2 断面法
章末問題

5. 静定ばり
5.1 断面諸量
 5.1.1 断面一次モーメント
 5.1.2 断面二次モーメントと断面係数
 5.1.3 断面二次半径
 5.1.4 断面二次極モーメント
 5.1.5 断面二次相乗モーメント
5.2 設計に用いる剛材の材料定数と強度など
5.3 荷重と断面力の関係
5.4 はりのたわみ角とたわみ
5.5 はりの応力と簡単な設計練習
章末問題

6. 簡単な静定ばりの影響線
6.1 単純ばりの影響線
 6.1.1 単純ばりの支点反力の影響線
 6.1.2 単純ばりのせん断力の影響線
 6.1.3 単純ばりの曲げモーメントの影響線
6.2 張出ばりの影響線
 6.2.1 張出ばりの支点反力の影響線
 6.2.2 張出ばりのせん断力の影響線
 6.2.3 張出ばりの曲げモーメントの影響線
章末問題

7. 構造物の弾性変形
7.1 外力仕事とひずみエネルギー
 7.1.1 外力仕事とは
 7.1.2 弾性体に対する仕事
 7.1.3 ひずみエネルギーとは
7.2 エネルギー保存則
7.3 仮想仕事の原理(片持ちばり,単純ばり,トラス)
 7.3.1 基本概念
 7.3.2 仮想仕事とは
 7.3.3 仮想力の原理
7.4 カスティリアーノの定理
 7.4.1 カスティリアーノの第二定理
 7.4.2 カスティリアーノの第一定理
7.5 相反作用の定理
7.6 最小仕事の原理
章末問題

8. 不静定ばり
8.1 応力法による解法(静定基本系による解法)
 8.1.1 静定と不静定
 8.1.2 一端固定,他端ローラー,集中荷重の場合
 8.1.3 一端固定,他端ローラー,等分布荷重の場合
 8.1.4 ヒンジ,ローラー,ローラー,等分布荷重の場合
 8.1.5 不静定ばり解法の手順
 8.1.6 一般的な荷重載荷への対応(たわみやたわみ角を求める公式が使えない場合)
8.2 複合構造
章末問題

9. 不静定トラス
9.1 不静定次数
9.2 外的不静定トラス
9.3 内的不静定トラス
章末問題

10. 長柱と短柱
10.1 長柱:オイラーの座屈荷重
10.2 端部の固定条件が両端ヒンジ(オイラーの式)と異なる場合
10.3 短柱
 10.3.1 断面の図心に荷重を載荷
 10.3.2 偏心荷重
 10.3.3 構造物の転倒に対する安全
章末問題

11. たわみ角法
11.1 たわみ角法による不静定ばりの解法
11.2 たわみ角法によるラーメン構造の解法(横方向変位なし)
11.3 たわみ角法によるラーメン構造の解析(横方向変位あり)
章末問題

12. 剛性マトリックスの理論
12.1 マトリックス代数
12.2 軸力部材の剛性マトリックスの解法
 12.2.1 ばね要素の剛性マトリックス
 12.2.2 ばね要素に関する剛性方程式の解法
 12.2.3 傾斜トラス要素の剛性マトリックス
 12.2.4 トラス構造の解析
12.3 棒部材の剛性マトリックスの解法
 12.3.1 棒部材の剛性マトリックス
 12.3.2 傾斜棒部材の剛性マトリックス
 12.3.3 構造物の解法
章末問題

付録
引用・参考文献
章末問題の略解
索引

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。