書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 土木工学  / 設計・施工  / 施工一般  > 土木施工法

書籍詳細

新編土木工学講座 15)

  土木施工法

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

伊丹康夫 工博 著

片山彬 元東亜建設工業(株) 著

後藤巌 元長岡技科大教授 工博 著

原島龍一 大末建設(株) 著

発行年月日:1975/01/20 , 判 型: A5,  ページ数:300頁

ISBN:978-4-339-05084-4,  定 価:3,132円 (本体2,900円+税)

ジャンル:

大学・高専のカリキュラムにあわせ,総論で工法全般にわたり調査・計画・設計・積算,施工管理,工程管理を,各論で土木・土工機械・基礎工,特殊コンクリート,擁壁,トンネル,埋立としゅんせつを記述した。

【目次】

1. 総説
1.1 計画と調査
  1.1.1 土木工事における施工の特殊性
  1.1.2 施工体系の構成
  1.1.3 施工の対象と種類
1. 総説
1.1 計画と調査
  1.1.1 土木工事における施工の特殊性
  1.1.2 施工体系の構成
  1.1.3 施工の対象と種類
  1.1.4 施工計画における環境アセスメント
  1.1.5 施工計画のための調査
  1.1.6 施行法の選定
1.2 設計と積算
  1.2.1 設計書
  1.2.2 仕様書
  1.2.3 見積と入札
  1.2.4 工事費の積算
1.3 わが国における土木工事執行法
  1.3.1 建設業法と請負契約
  1.3.2 土木工事に関係ある法令・法規
1.4 施工と施工管理
  1.4.1 土木施工の要素
  1.4.2 施工管理の基本
  1.4.3 施工計画
  1.4.4 工程管理
  1.4.5 品質管理
  1.4.6 機械管理
  1.4.7 資材管理
  1.4.8 労務管理
  1.4.9 原価管理
  1.4.10 安全管理
1.5 工程管理
  1.5.1 概要
  1.5.2 工程管理曲線
  1.5.3 工程表
2. 土工および土工機械
2.1 土工の意義と種類
  2.1.1 土工についての動向
  2.1.2 土質工学的にみた土工
  2.1.3 土工の分類
  2.1.4 土工規模の能率
2.2 土工計画と準備
  2.2.1 工事計画のたて方
  2.2.2 土工の設計
  2.2.3 土工計画と準備
2.3 掘削
  2.3.1 掘削の概要
  2.3.2 切械の維持管理
  2.8.1 概説
  2.8.2 整備および修理
  2.8.3 潤滑油管理
  2.8.4 部品管理
  2.8.5 作業記録
  2.8.6 管理組織
3. 基礎工
3.1 基礎工の意義と種類
  3.1.1 基礎工の意義
  3.1.2 基礎工の種類
3.2 準備工
  3.2.1 土止め工と締切工
  3.2.2 排水工
  3.2.3 準備工の設計概要
  3.2.4 準備工についての留意事項
3.3 基礎工の設計概要
  3.3.1 安定計算
  3.3.2 支持
  3.3.3 転倒
  3.3.4 滑動
  3.3.5 基礎工本体の計算
3.4 直接基礎
  3.4.1 種類
  3.4.2 施行法
3.5 打込みぐい基礎
  3.5.1 種類
  3.5.2 施行法
3.6 場所打ちぐい基礎
  3.6.1 種類
  3.6.2 施行法
3.7 ケーソン基礎
  3.7.1 種類
  3.7.2 施行法
3.8 特殊工法
  3.8.1 プレローディング工法
  3.8.2 サンドドレーン工法
  3.8.3 凍結工法
  3.8.4 電気化学的固結
  3.8.5 バイブロフロテーション工法
  3.8.6 バイブロコンポーザー工法
  3.8.7 注入工法
参考文献
4. 特殊コンクリート工
4.1 特殊コンクリート工の意義
4.2 AEコンクリート
4.3 プレパックドコンクリート
4.4 水中コンクリート
4.5 水密コンクリート
4.6 真空コンクリート
4.7 寒中コンクリート
4.8 暑中コンクリート
参考文献
5. 擁壁
5.1 擁壁の意義
5.2 擁壁の種類
5.3 擁壁の設計概要
  5.3.1 土圧
  5.3.2 安定の検討
  5.3.3 鉛直壁の計算
  5.3.4 計算に用いられる諸数値
  5.3.5 排水工
5.4 施行法
参考文献
6. トンネル
6.1 総説
  6.1.2 トンネルの歴史
  6.1.3 トンネルの分類
6.2 地質と水
  6.2.1 岩石の一般的な分類とその性質
  6.2.2 トンネルと水
  6.2.3 トンネル工学的な考察
  6.2.4 支保工または履工にかかる地圧
6.3 トンネルの調査と位置の選定
  6.3.1 調査の意義
  6.3.2 調査の種類と方法
  6.3.4 トンネルの位置と選定
6.4 トンネルの設計と施工
  6.4.1 トネルの設計
  6.4.2 トンネルの掘削
  6.4.3 履工
6.5 特殊工法
  6.5.1 開削工法
  6.5.2 シールド工法
  6.5.3 圧気工法
  6.5.4 沈埋工法
  6.5.5 トンネル掘進機による掘削
参考文献
7. 埋立としゅんせつ
7.1 調査
  7.1.1 概要
  7.1.2 地形測量
  7.1.3 深浅測量
  7.1.4 土質調査
  7.1.5 埋立方法の選定
7.2 設計
  7.2.1 埋立土量
  7.2.2 しゅんせつ土量
  7.2.3 しゅんせつ船の選定
  7.2.4 陸海上設備
7.3 施工
  7.3.1 埋立地内の維持管理
  7.3.2 ポンプ船のしゅんせつ作用
索引

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。