書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 機械工学  / 加工・工作法  / その他加工  > チタンの基礎と加工

書籍詳細

  チタンの基礎と加工

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

発行年月日:2008/11/05 , 判 型: A5,  ページ数:256頁

ISBN:978-4-339-04595-6,  定 価:3,888円 (本体3,600円+税)

ジャンル:

本書では,チタンおよびチタン合金の資源と製造,利用の歴史,需要と供給,種類と特性,特殊なチタン合金,さまざまな加工法,安全な取り扱い,さらには製品例までを最新の情報を含めて,それぞれの分野の専門家がわかりやすく記述。

【目次】

1. 序論
1.1 資源と製造
 1.1.1 チタン誕生の歴史
 1.1.2 チタン鉱石
 1.1.3 金属チタン素材の製造
1. 序論
1.1 資源と製造
 1.1.1 チタン誕生の歴史
 1.1.2 チタン鉱石
 1.1.3 金属チタン素材の製造
1.2 利用の歴史
 1.2.1 初期の用途
 1.2.2 軍需・航空・宇宙用途
 1.2.3 産業用途
 1.2.4 最近の新しい用途
1.3 需要と供給
 1.3.1 世界のチタン市場
 1.3.2 世界の金属チタン生産拠点

2. チタンの特徴と種類
2.1 純チタンの物性と変形特性
 2.1.1 α/β同素変態温度,機械的性質に及ぼす不純物元素量の影響
 2.1.2 工業用純チタンの主要な用途
 2.1.3 物理的および電磁気的性質
 2.1.4 化学的性質
 2.1.5 機械的性質
 2.1.6 塑性変形特性
 2.1.7 熱間変形抵抗と熱間加工後の再結晶挙動
2.2 合金の種類と機械的性質
 2.2.1 低合金
 2.2.2 α合金
 2.2.3 nearαおよびα+β合金
 2.2.4 nearβおよびβ合金
2.3 その他のチタン合金
 2.3.1 Ti-Al系合金(耐熱機械材料)
 2.3.2 形状記憶・超弾性合金
 2.3.3 ゴムメタル
 2.3.4 NbTi合金(超電導材料)

3. 塑性加工
3.1 圧延加工
 3.1.1 圧延設備と圧延方法
 3.1.2 圧延条件の影響
 3.1.3 圧延材の種類と特徴
3.2 押出し加工
 3.2.1 押出し設備と押出し方法
 3.2.2 押出し条件の影響
 3.2.3 押出し材の種類と特徴
3.3 引抜き加工
 3.3.1 引抜きの加工法と特徴
 3.3.2 引抜き作業および引抜き条件
 3.3.3 引抜き線材の機械的性質
3.4 曲げ加工
 3.4.1 不純物含有量の影響
 3.4.2 曲げ方向の影響
 3.4.3 結晶粒径の影響
 3.4.4 加工温度の影響
3.5 張出し加工
 3.5.1 純チタンの機械的性質
 3.5.2 不純物含有量の影響
 3.5.3 結晶粒径の影響
 3.5.4 集合組織の影響
 3.5.5 金型材質および潤滑の影響
3.6 深絞り加工
 3.6.1 純チタン板の深絞り加工
 3.6.2 β合金板の深絞り加工
3.7 鍛造加工
 3.7.1 加工設備と加工方法
 3.7.2 加工条件の影響
 3.7.3 成形品例
3.8 特殊な成形加工
 3.8.1 超塑性加工
 3.8.2 インクリメンタルフォーミング
 3.8.3 レーザフォーミング

4. 精密鋳造
4.1 概論
 4.1.1 精密鋳造方法の製造工程
 4.1.2 鋳造方法
4.2 チタン合金の鋳造プロセス
 4.2.1 チタン合金の鋳型造型設備と造型方法
 4.2.2 溶解鋳造設備と鋳造方法
 4.2.3 製品例

5. 粉末射出成形
5.1 粉末射出成形の特徴
5.2 基本プロセス
5.3 原料粉末
5.4 バインダおよび脱バインダ
5.5 焼結
5.6 各種合金への適用例

6. 切削加工
6.1 チタンの特性と切削加工
6.2 チタンの切削メカニズム
6.3 切削加工方法
 6.3.1 工具材種選定
 6.3.2 旋削加工
 6.3.3 ドリル加工
 6.3.4 エンドミル加工
 6.3.5 正面フライス加工
6.4 まとめ
7. 溶接・接合加工
7.1 純チタン,チタン合金の溶接性
7.2 溶融溶接
 7.2.1 ティグ溶接
 7.2.2 プラズマ溶接
 7.2.3 ミグ溶接
 7.2.4 電子ビーム溶接
 7.2.5 レーザ溶接
 7.2.6 抵抗溶接
7.3 ろう付け
7.4 固相溶接

8. 安全取扱い
8.1 溶解作業
8.2 切削作業
 8.2.1 作業前点検
 8.2.2 整理・整頓
 8.2.3 段取り作業
 8.2.4 振れ見作業
 8.2.5 切削作業
 8.2.6 切断作業
 8.2.7 切粉の処置
8.3 粉末の取扱い

9. 製品例
9.1 チタン合金製ウッドヘッド
9.2 チタン製自転車フレーム
9.3 チタン製腕時計
9.4 眼鏡フレームとその部品
9.5 チタン合金製脳動脈瘤クリップ
9.6 術中MRI対応手術器具
9.7 チタン製登山用品
9.8 チタン製装飾品
9.9 スキーストックおよびチタン製たも網
9.10 ジェットエンジンのファンケース
9.11 小型航空機の脚格納扉(試作品)
9.12 チタン合金製発電用蒸気タービンブレード
9.13 チタン建材(屋根)

付録
付1 チタン材料のJIS規格
付2 世界のチタン合金規格と対照表

引用・参考文献
索引

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。