書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 経営・管理工学  / システム工学  / システム工学  > システム工学

書籍詳細

機械系 大学講義シリーズ 31)

  システム工学

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

足立紀彦 京大名誉教授 工博 著

酒井英昭 京大名誉教授 工博 著

高橋豊 京大教授 工博 著

飯國洋二 阪大教授 工博 著

発行年月日:1996/08/30 , 判 型: A5,  ページ数:224頁

ISBN:978-4-339-04065-4,  定 価:2,916円 (本体2,700円+税)

本書ではシステムの概念,システム開発の方法論の概要を述べた後,システム解析の基礎となるデータの統計的処理,システムモデルについて解説する。さらに,システム最適化手法,待ち行列理論,システムの信頼性について簡潔に紹介。

【目次】

1. システムとシステム工学
1.1 システム概念
  1.1.1 システムと秩序
  1.1.2 自然システムと人工システム
  1.1.3 システムの構造と機能
1. システムとシステム工学
1.1 システム概念
  1.1.1 システムと秩序
  1.1.2 自然システムと人工システム
  1.1.3 システムの構造と機能
  1.1.4 システムと環境
  1.1.5 システム要素とサブシステム
  1.1.6 いろいろなシステム
  1.1.7 システム思考
1.2 システムの開発と設計
  1.2.1 システムのライフサイクル
  1.2.2 システム工学
  演習問題
2. データの統計的処理
2.1 確率変数と分布関数
  2.1.1 母集団と分布(密度)関数
  2.1.2 平均値,分数,相関係数
  2.1.3 いろいろな分布
2.2 確率分布の推定
2.3 回帰分析
  2.3.1 統計的検定
  2.3.2 重回帰と最小二乗法
  2.3.3 推定量の分布
  2.3.4 回帰式,回帰係数の有意性の検定
  2.3.5 非線形回帰
2.4 時系列分析
  2.4.1 線形予測
  2.4.2 有限長のデータへの適用
  演習問題
3. システムモデル
3.1 モデル化の意義
3.2 モデルの分類
3.3 静的モデルと動的モデル
  3.3.1 静的モデルの例
  3.3.2 動的モデルの例
  3.3.3 システムの類似性
  3.3.4 非線形モデルの線形近似
  3.3.5 モデルの離散化
3.4 ネットワークモデル
  3.4.1 回路ネットワーク
  3.4.2 接続行列
  3.4.3 閉路行列
  3.4.4 接点変換式
  3.4.5 閉路変換式
  3.4.6 接点方程式
  3.4.7 接点方程式の解法
  3.4.8 閉路方程式
3.5 マルコフ連鎖
  3.5.1 マルコフ連鎖の具体例
  3.5.2 遷移確率と遷移確率行列
  3.5.3 チャップマン・コルモゴロフの式
  3.5.4 状態確率ベクトル
  3.5.5 遷移確率行列と状態確率ベクトルの関係
  3.5.6 PtとP∞
  3.5.7 π(t)の極限分布
  3.5.8 いくつかの重要な確率
  3.5.9 平均到達時間
  3.5.10 平均訪問時間
  3.5.11 マルコフ連鎖と状態の分類
  演習問題
4. システムの最適化
4.1 数理計画問題
4.2 線形計画法
  4.2.1 線形計画問題の例
  4.2.2 図式解法
  4.2.3 線形計画問題の標準形
  4.2.4 単体法
  4.2.5 単体表
  4.2.6 2段階法
4.3 非線形計画法
  4.3.1 非線形計画問題
  4.3.2 1変数関数の最適化
  4.3.3 降下法
  4.3.4 Kuhn-Tucker条件
  4.3.5 ペナルティ法と射影法
4.4 ネットワーク計画法
  4.4.1 グラフとネットワーク
  4.4.2 最短路問題
  4.4.3 最大流問題
  4.4.4 その他のネットワーク計画問題
演習問題
5. 待ち行列とシミュレーション
5.1 序論
5.2 待ち行列理論
  5.2.1 起源
  5.2.2 具体的活用例
  5.2.3 基本的確率過程および分布
  5.2.4 待ち行列システムの記述
  5.2.5 出生死滅型待ち行列モデル
5.3 待ち行列モデルのシミュレーション
  5.3.1 乱数
  5.3.2 時間管理
  5.3.3 入力の生成
  5.3.4 統計処理
  5.3.5 シミュレーション言語
  5.3.6 シミュレーションと解析的手法の比較
  5.3.7 シミュレーションプログラムの構成要素
  5.3.8 サンプルサイズ
  演習問題
6. システムの信頼性
6.1 信頼度と故障率
6.2 代表的な故障時間分布
6.3 システムの信頼度
  6.3.1 直列システム
  6.3.2 並列システム
  6.3.3 待機冗長システム
6.4 保全度とアベイラビリティ
  6.4.1 直列システムのアベイラビリティ
  6.4.2 並列システムのアベイラビリティ
  6.4.3 待機冗長システムのアベイラビリティ
6.5 保全方式
  演習問題
引用・参考文献
演習問題の解答
索引

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。