書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 航空宇宙工学  / 航空宇宙工学  / 航空宇宙工学  > スペースクラフトの制御

書籍詳細

システム制御工学シリーズ 13)

  スペースクラフトの制御

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

木田隆 電通大教授 博士(工学) 著

発行年月日:1999/03/10 , 判 型: A5,  ページ数:192頁

ISBN:978-4-339-03313-7,  定 価:2,592円 (本体2,400円+税)

本書は人工衛星の姿勢制御について,力学と制御工学の二つの観点から系統的に述べた。スピン衛星の安定性,古典制御・現代制御による制御系の設計法,大形衛星のロバスト制御など,基礎から最先端の技術を,例題を示して解説した。

【目次】

1. 宇宙工学入門
 1.1 人工衛星とは
  1.1.1 利用分野
  1.1.2 軌道
 1.2 軌道への投入
1. 宇宙工学入門
 1.1 人工衛星とは
  1.1.1 利用分野
  1.1.2 軌道
 1.2 軌道への投入
  1.2.1 ロケットの構成
  1.2.2 地上から静止軌道へ
  1.2.3 ロケットの誘導・制御
 1.3 人工衛星の姿勢制御
  1.3.1 スペースクラフトの構成
  1.3.2 初期捕捉
  1.3.3 定常制御
  1.3.4 人工衛星の精度
 1.4 まとめと補足
2. 力学と制御工学の基礎
 2.1 力学
  2.1.1 キネマティクス
  2.1.2 ダイナミクス
 2.2 制御工学
  2.2.1 システム理論
  2.2.2 制御系の設計
 2.3 まとめと補足
 演習問題
3. スピン衛星
 3.1 スピン衛星の運動
  3.1.1 運動方程式
  3.1.2 スピン衛星の安定性
  3.1.3 スピン衛星の運動
 3.2 スピン衛星の安定化
  3.2.1 エネルギー消散と漸近安定性
  3.2.2 マスダンパによる安定化
 3.3 スピン衛星の制御
 3.4 まとめと補足
 演習問題
4. 3軸衛星
 4.1 3軸衛星の運動
 4.2 2重スピン衛星
  4.2.1 運動方程式と安定性
  4.2.2 マスダンパによる安定化
  4.2.3 ピッチ軸の制御
 4.3 バイアスモーメンタム衛星
  4.3.1 運動方程式
  4.3.2 制御系の設計
 4.4 ゼロモーメンタム衛星
  4.4.1 運動方程式
  4.4.2 制御系設計
 4.5 まとめと補足
 演習問題
5. 大形衛星
 5.1 大形衛星の運動
  5.1.1 弾性振動
  5.1.2 運動方程式
  5.1.3 コロケーションと可制御性・可観測性
 5.2 大形衛星の安定化
  5.2.1 漸近安定性
  5.2.2 定係数の出力フィードバック制御
 5.3 大形衛星の制御
  5.3.1 モデル低次元化
  5.3.2 動的な出力フィードバック制御
 5.4 まとめと補足
 演習問題

  引用・参考文献
  演習問題の解答
  索引

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。