書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 計測・制御  / 一般計量士・環境計量士  / 一般計量士・環境計量士  > 国家試験問題の傾向と解説

書籍詳細

一般計量士   国家試験問題の傾向と解説
- 3.質量の計量(昭和59年~平成2年) -

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

発行年月日:1991/12/10 , 判 型: A5,  ページ数:116頁

ISBN:978-4-339-03146-1,  定 価:1,728円 (本体1,600円+税)

過去7年間の出題傾向を分類,解説。〔内容〕質量の計量単位/はかりと重力の影響/てこ/天びんの器差計算/天びんの浮力補正/天びんの精密測定法/分銅/ロードセル/自動定量はかりほか

【目次】

第1章 質量とキログラム原器
第2章 質量の計量単位
第3章 はかりと重力の影響
第4章 用語の定義
第5章 てこ
第1章 質量とキログラム原器
第2章 質量の計量単位
第3章 はかりと重力の影響
第4章 用語の定義
第5章 てこ
第6章 天びんの感度と振動周期
第7章 天びんの静止点測定法
第8章 天びんの器差計算
第9章 天びんの浮力補正(直示天びん含む)
第10章 天びんの精密測定法
第11章 直示天びん
第12章 分銅
第13章 天びん・はかりの偏置誤差
第14章 ばねばかり
第15章 ばねばかりの温度補正
第16章 光電はかり
第17章 ロードセル
第18章 車両はかり
第19章 コンベヤスケール
第20章 自動定量はかり
第21章 各種はかりの部品名等
第22章 はかりの誤差原因・保守・使用方法
第23章 取引証明上の使用の制限
第24章 使用範囲の表記
第25章 はかりの使用公差
第26章 型式承認
第27章 比較検査
第28章 質量基準器
第29章 基準分銅の使用区分
第30章 基準環状ばね

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。