書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 情報工学  / ハードウェア  / 並列処理  > 並列処理技術

書籍詳細

  並列処理技術

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

笠原博徳 早大助教授 工博 著

発行年月日:1991/06/20 , 判 型: A5,  ページ数:206頁

ISBN:978-4-339-02296-4,  定 価:2,916円 (本体2,700円+税)

ジャンル:

多くの分野でその利用が注目されている並列処理技術について,目的,ニーズ,ハードウェア技術,特にマルチプロセッサシステムの構築を中心に記述し,更に並列処理ハードウェアの開発に役立つ言語,コンパイラなどを詳述した。

【目次】

1. 並列処理の概要
 1.1 並列処理の目的
 1.2 各種並列処理方式
  1.2.1 命令パイプライン方式
  1.2.2 複数演算ユニット方式
1. 並列処理の概要
 1.1 並列処理の目的
 1.2 各種並列処理方式
  1.2.1 命令パイプライン方式
  1.2.2 複数演算ユニット方式
  1.2.3 スーパースカラ方式
  1.2.4 データフローマシン方式
  1.2.5 VLIW�緖ョ
  1.2.6 プロセッサアレイ方式
  1.2.7 演算パイプライン(ベクトルプロセッサ)方式
  1.2.8 シストリックアレイ方式
  1.2.9 マルチプロセッサ方式
 1.3 並列処理システムの分類
 1.4 半導体技術とマルチプロセッサ方式並列処理の必要性
2. マルチプロセッサシステムのアーキテクチャ
 2.1 マルチプロセッサシステムの分類
 2.2 マルチプロセッサシステムの構成要素
  2.2.1 プロセッサエレメントとマルチプロセッサアーキテクチャ
  2.2.2 プロセッサ結合方式
  2.2.3 メモリ
 2.3 同期機構
  2.3.1 Test&Set
  2.3.2 セマフォ
  2.3.3 Fetch&Add
参考文献
3. 並列処理におけるソフトウェア
 3.1 並列化プログラミング
  3.1.1 FORTRAN の並列性記述のための拡張
  3.1.2 並列化言語の例
 3.2 自動並列化コンパイラ
  3.2.1 ベクトルプロセッサ用コンパイラ
  3.2.2 マルチプロセッサシステム用コンパイラ
  3.2.3 並列化コンパイラの開発動向
 3.3 スケジューリング
  3.3.1 実行終了時間最小マルチプロセッサスケジューリング問題
  3.3.2 スケジューリングアルゴリズム
 3.4 性能評価
参考文献
4. マルチプロセッサシステム上での並列処理の実例
 4.1 ロボット制御計算の並列処理
  4.1.1 ロボットアーム制御計算
  4.1.2 ロボット制御計算のための各種並列処理手法
  4.1.3 実マルチプロセッサシステムにおけるロボット制御の並列処理
 4.2 連続システムシミュレーションの並列処理
  4.2.1 連続システムシミュレーション
  4.2.2 連続システムシミュレーションのための並列処理手法
  4.2.3 OSCAR上での並列処理
参考文献
索引

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。