書名で キーワードで

詳細検索 >>

書籍詳細

  FORTRAN77入門
- 数値計算法からフラクタルCGまで -

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

柴田正憲 東海大短大教授 著

渕上季代絵 女子美大非常勤講師 著

発行年月日:1989/01/10 , 判 型: B5,  ページ数:192頁

ISBN:978-4-339-02262-9,  定 価:2,700円 (本体2,500円+税)

FORTRAN77によるプログラミングの入門,文法から数値計算法,コンピュータグラフィックス(CG)まで,この1冊でFORTRAN77の入門からCGを含む応用までを学べる貴重な書。

【目次】

第1部 プログラミング入門編
 第0章 FORTRANへの招待
  1. FORTRANとは
  2. アルゴリズムとフローチャート
  3. FORTRANプログラミングの初歩的例
第1部 プログラミング入門編
 第0章 FORTRANへの招待
  1. FORTRANとは
  2. アルゴリズムとフローチャート
  3. FORTRANプログラミングの初歩的例
  4. プログラムの作成法
  5. コンパイル言語としてのFORTRAN
 練習問題
 第1章 FORTRANプログラミング
  1. プログラムの記述方式とコーディングシート
   1-1 FORTRANで用いることのできる文字と記号
   1-2 コーディングシート
  2. 変数と定数
   2-1 変数
   2-2 定数
  3. 入出力文
   3-1 READ文
   3-2 WRITE文
  4. STOP文とEND文
   4-1 STOP文
   4-2 END文
  5. 算術代入文
  6. 組込み関数
  7. FORMAT文
   7-1 その他の書式仕様
  8. IF 文とGO TO文
   8-1 無条件GO TO文
   8-2 算術IF文
   8-3 論理IF文
   8-4 ブロックIF文、ELSE文、ENDIF文
  9. DO文
  10. DIMENSION文
   10-1 配列要素の並び
   10-2 DO相当表現
  11. 型宣言文とIMPLICIT文
   11-1 INTEGER文、REAL文、DOUBLE PRECISION 文、COMPLEX 文、LOGICAL文、CHARACTER文
   11-2 IMPLICIT文
  12. 文関数定義文
  13. 関数副プログラム
  14. サブルーチン副プログラム
   14-1 サブルーチン副プログラムの構成
  15. ファイルの取扱い
   15-1 ファイル
   15-2 ファイルのOPEN文
   15-3 ファイルのCLOSE文
   15-4 順番探査の入出力文
   15-5 ファイルの位置付け
  16. 文字処理
   16-1 文字データの取扱い方
   16-2 文字型データの入出力
 練習問題
 第2章 FORTRAN77文法解説
  1. プログラムの形式
   1-1 FORTRAN用文字
   1-2 FORTRAN文の記述形式
   1-3 文
   1-4 文の種類と実行順序
  2. 定数、変数、配列、式
   2-1 定数
   2-2 変数
   2-3 配列
   2-4 文字部分列
   2-5 式
  3. 非実行文
   3-1 PROGRAM文
   3-2 PARAMETER文
   3-3 型宣言
   3-4 DIMENSION文
   3-5 EQUIVALENCE文
   3-6 IMPLICIT文
   3-7 DATA文
   3-8 文関数定義文
  4. 実行文
   4-1 算術代入文
   4-2 文字代入文
   4-3 論理代入文
   4-4 単純GO TO文
   4-5 計算型GO TO 文
   4-6 算術IF文
   4-7 論理IF文
   4-8 ブロックIF文
   4-9 ELSE IF文
   4-10 ELSE 文
   4-11 END IF文
   4-12 DO文
   4-13 CONTINUE文
   4-14 STOP文
   4-15 END文
  5. 入出力に関する文
   5-1 リスト型READ文
   5-2 書式付きREAD文
   5-3 リスト型WRITE文
   5-4 書式付きWRITE文
   5-5 FORMAT文
   5-6 補助入出力文
 6. 副プログラムに関する文
   6-1 FUNCTION文
   6-2 SUBROUTINE文
   6-3 CALL文
   6-4 RETURN文
   6-5 EXTERNAL文
   6-6 INTRINSIC文
   6-7 COMMON文
第2部 応用編
 第3章 数値計算法
  1. 誤差
  2. 1元n 次方程式の解法
   2-1 2文法
   2-2 不動点法
   2-3 ニュートン-ラフソン法
  3. 補間法
   3-1 ラグランジュの補間法
  4. 連立1次方程式の解法
   4-1 行列の和と差と積
   4-2 ガウスの消去法
   4-3 ガウスーサイデルの反復法
  5. 数値微分
   5-1 1階数値微分
  6. 数値積分
   6-1 台形則
   6-2 シンプソン則公式
   6-3 数値積分によるπの値の計算
  7. 1階常微分方程式
   7-1 オイラー・コーシー法
   7-2 ルンゲ・クッタ法
  8. 統計処理
   8-1 平均と分散
   8-2 直線回帰分析
   8-3 相関係数
 第4章 コンピュータグラフィックス
  1. コンピュータグラフィックス
   1-1 座標系
   1-2 グラフィックスソフトウェア
  2. CGプログラミング
   2-1 多角形を描く
   2-2 図形変換1ー2次元ー
   2-3 図形変換2ー3次元ー
  3. CGアプリケーション
   3-1 パスカルの三角形
   3-2 PICTURE IN THE NET
   3-3 再帰図形
 練習問題
付録
索引

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。