書名で キーワードで

詳細検索 >>

書籍詳細

テレビジョン学会教科書シリーズ 9)

  認識工学
- パターン認識とその応用 -

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

鳥脇純一郎 名大教授 工博 著

発行年月日:1993/03/15 , 判 型: A5,  ページ数:238頁

ISBN:978-4-339-01059-6,  定 価:3,132円 (本体2,900円+税)

パターン認識理論の基礎を平易かつ系統的に紹介した。すなわち,統計的なパターン分類法,決定木の構造,パターンの分布状態の推定,認識系の設計と誤り率の評価,特徴の抽出と選択,クラスタリング,学習を解説した。

【目次】

1. 序論
1.1 パターンとパターン認識
1.2 パターン認識の過程
1.3 情報の表現形態と情報削減の過程としてのパターン認識
1.4 事前情報,知識,モデル
1. 序論
1.1 パターンとパターン認識
1.2 パターン認識の過程
1.3 情報の表現形態と情報削減の過程としてのパターン認識
1.4 事前情報,知識,モデル
1.5 パターンの認識,分類および理解
2. 統計的パターン分類
2.1 ベイズ決定
  2.1.1 統計的決定問題の定式化
  2.1.2 2クラス問題における決定則の例
  2.1.3 ベイズ決定
  2.1.4 2クラス問題に対するベイズ決定
  2.1.5 最小誤り確率分類
  2.1.6 識別拒否の導入
2.2 正規分布パターンの場合
2.3 離散確率分布に従うパターンのベイズ決定
2.4 識別関数法
  2.4.1 識別関数
  2.4.2 識別関数の例
2.5 k近傍決定則
2.6 多段決定過程
  2.6.1 決定木
  2.6.2 逐次決定過程
演習問題
3. パターンの性質の推定と学習
3.1 パターンの確率的性質の推定
  3.1.1 パターンの確率分布のパラメータ推定
  3.1.2 パターンの確率分布の推定
3.2 確率分布のパラメータのベイズ学習
3.3 パターン間の近接性に基づくパターンの分布状態の解析
  3.3.1 パターンの分布状態の解析
  3.3.2 パターンの類似性,相違性の尺度
  3.3.3 クラスタリング
3.4 空間の変換に基づくパターンの分布状態の解析
  3.4.1 主成分分析
  3.4.2 フィッシャーの線形識別
  3.4.3 重判別分析
演習問題
4. パターン分類器の設計と評価
4.1 統計的パターン分類機構の設計
  4.1.1 ベイズ決定
  4.1.2 正規分布パターンの場合
  4.1.3 情報の一部が未知の場合
4.2 線形識別関数
  4.2.1 誤り確率の最小化
  4.2.2 ノンパラメトリックな設計法─パーセプトロン方式
4.3 認識機械の学習的構成
  4.3.1 多層ニューラルネット
  4.3.2 認識機械としての多層ニューラルネット
4.4 決定木の設計
4.5 誤り確率の評価(1)─パラメトリックな方法─
4.6 誤り確率の評価(2)─ノンパラメトリックな方法─
4.7 特徴量の評価と選択
  4.7.1 特徴選択問題の定式化と具体例
  4.7.2 特徴量の個数と識別能力
4.8 特徴抽出
  4.8.1 特徴抽出問題の定式化
  4.8.2 ベクトル空間の変換と射影
演習問題
5. パターン認識の応用と課題
5.1 パターン認識の応用例
  5.1.1 パターン認識の具体化に対する視点
  5.1.2 認識方法の比較と選択
  5.1.3 パターン認識の具体例
5.2 今後の研究課題
  5.2.1 入力信号の高度化と多様化
  5.2.2 パターン処理システムの開発ツール
  5.2.3 知識の利用
計算機を用いた総合問題
参考文献
演習問題解答の指針
索引

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。