書名で キーワードで

詳細検索 >>

書籍詳細

ISDN入門シリーズ 9)

  国際ISDNとサービス

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

太田亨 国際電信電話(株) 著

発行年月日:1989/12/15 , 判 型: A5,  ページ数:160頁

ISBN:978-4-339-01008-4,  定 価:1,782円 (本体1,650円+税)

国際通信技術の動向を概観し,国際標準化の経緯等を紹介しつつ,国際ISDNのネットワーク構成,ISDNサービスの内容,将来の発展等についてわかりやすく解説している。

【目次】

1. 総論
2. 国際化と国際通信
 2.1 国際情報化社会
  2.1.1 国際化
  2.1.2 国際情報流通の構造変化
1. 総論
2. 国際化と国際通信
 2.1 国際情報化社会
  2.1.1 国際化
  2.1.2 国際情報流通の構造変化
  2.1.3 コンピュータの社会的インパクト
  2.1.4 ニーズの多様化
 2.2 国際通信の役割
  2.2.1 国際通信の特徴
  2.2.2 国際網の位置づけ
3. 国際通信ネットワーク
 3.1 国際通信サービスの変遷
  3.1.1 国際電報
  3.1.2 国際テレックス
  3.1.3 国際電話
  3.1.4 パケット伝送サービス
  3.1.5 ビデオ系サービス
  3.1.6 システムサービス
  3.1.7 国際VAN
  3.1.8 国際ISDNサービス
 3.2 国際伝送メディア
  3.2.1 海底電信ケーブルと短波
  3.2.2 海底ケーブル
  3.2.3 通信衛星
  3.2.4 グローバルネットワーク
4. ISDNとその標準化動向
 4.1 ISDNのねらい
 4.2 ISDN標準化の経緯
 4.3 ISDNの基本勧告
  4.3.1 ISDNの原則
  4.3.2 ISDNの発展
5. 国際ISDNのネットワーク構成
 5.1 ネットワークの概要
 5.2 国内網と加入者インタフェース
  5.2.1 国内網の構成
  5.2.2 国際ISDN交換機
  5.2.3 加入者インタフェース
 5.3 国際ゲートウェイ交換機
  5.3.1 国際ゲートウェイ交換機の特有機能
  5.3.2 諸外国との接続
  5.3.3 INSとの接続
 5.4 No.7信号方式(ISUP)
  5.4.1 No.7信号方式(共通線信号方式)の特徴 
  5.4.2 No.7信号方式の方式構成
  5.4.3 ISUPのサービス機能概要
  5.4.4 ISUPの基本呼設定手順
  5.4.5 標準化の動向
 5.5 国際ISDNの運用
  5.5.1 ISDN番号計画
  5.5.2 ISDNルーチングプラン
6. 国際ISDNサービス
 6.1 国際ISDNサービスの分類
  6.1.1 国際ISDNサービスの概念
  6.1.2 国際ISDNサービスの分類・規定における概念
  6.1.3 国際ISDNサービスの分類法
  6.1.4 基本サービスの記述方法
  6.1.5 ベアラサービス
  6.1.6 テレサービス
  6.1.7 付加サービス
  6.1.8 国際ISDNサービス利用に当たっての留意点
 6.2 多彩なサービスと端末
  6.2.1 国際ISDN用端末の開発
  6.2.2 おもなISDN用端末
  6.2.3 各種ISDN端末における留意点
 6.3 端末のコンパチビリティ
  6.3.1 コンパチビリティのチェック
  6.3.2 受信側での厳密な端末選択
  6.3.3 国際ISDN端末制作に当たっての一般的な留意点
 6.4 国際ISDNサービスの料金
  6.4.1 料金原則
  6.4.2 具体的な料金
7. 諸外国におけるISDNと国際接続
 7.1 諸外国におけるISDN
  7.1.1 米国
  7.1.2 カナダ
  7.1.3 欧州の動向
  7.1.4 オーストラリアおよびアジア
 7.2 世界をつなぐISDN 
8. 国際ISDNの将来
 ー結言にかえてー
参考文献
付録
索引

 
   

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。