書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 電気・電子工学  / 通信工学  / 通信工学全般  > 無線通信工学の基礎と演習

書籍詳細

  無線通信工学の基礎と演習

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

吉野純一 サレジオ高専教授 博士(工学) 編著

山下幸三 サレジオ高専講師 博士(理学) 著

吉田将司 サレジオ高専准教授 博士(工学) 著

水谷浩 サレジオ高専教授 博士(工学) 著

斉藤成一 サレジオ高専客員教授 博士(工学) 著

… 著者ホームページです

発行年月日:2014/10/16 , 判 型: A5,  ページ数:224頁

ISBN:978-4-339-00865-4,  定 価:3,240円 (本体3,000円+税)

本書は,目で見ることができない電波や電気を用いた通信工学という難解な学問の基礎ベースを築くため,演習問題を通じて初学者でも学べるような内容となっている。

書籍内の各図面データ(pdf)です。講義での資料としてお使いいただけます。

【目次】

1. 序論
1.1 通信の目的と電気通信
1.2 通信の歴史
 1.2.1 電気通信の年表
 1.2.2 電気通信に活躍した人びと
1. 序論
1.1 通信の目的と電気通信
1.2 通信の歴史
 1.2.1 電気通信の年表
 1.2.2 電気通信に活躍した人びと
 1.2.3 有線通信の歴史
 1.2.4 無線通信の歴史
1.3 通信系のモデル
1.4 通信技術の基礎
 1.4.1 有線通信技術
 1.4.2 無線通信技術
1.5 通信ネットワーク
章末問題

2. 電波伝搬
2.1 マックスウェルの電磁方程式
 2.1.1 ベクトルの基本演算
 2.1.2 電束密度と磁束密度に対するガウスの法則
 2.1.3 ファラデーの電磁誘導の法則
 2.1.4 アンペールの周回積分の法則
 2.1.5 変位電流の導入
2.2 平面電磁波
 2.2.1 平面波の性質
 2.2.2 波動方程式
2.3 電波伝搬の基礎
 2.3.1 電波伝搬の様式
 2.3.2 電波伝搬における諸現象
章末問題

3. 無線装置の構想設計
3.1 仕様の検討
3.2 通信回線設計
 3.2.1 回線計算の基本モデル
 3.2.2 アナログ通信の回線計算
 3.2.3 ディジタル通信の回線計算
3.3 アナログ変調方式
 3.3.1 振幅変調
 3.3.2 周波数変調
 3.3.3 位相変調
3.4 ディジタル変調方式
 3.4.1 ASK
 3.4.2 FSK
 3.4.3 PSK
 3.4.4 QAM
3.5 通信路の多重化
 3.5.1 FDMA
 3.5.2 TDMA
 3.5.3 CDMA
章末問題

4. 無線装置の詳細設計(1)
4.1 回路基板設計
 4.1.1 分布定数回路
 4.1.2 伝送線路
4.2 アンテナ
 4.2.1 電磁波の発生
 4.2.2 アンテナの基礎
 4.2.3 指向性アンテナ
章末問題

5. 無線装置の詳細設計(2)
5.1 ノイズ
 5.1.1 ノイズとEMC
 5.1.2 ノイズの種類
 5.1.3 受信システムにおけるSN比と雑音指数
 5.1.4 シャノンの定理と変調方式
5.2 EMC設計
 5.2.1 グラウンド
 5.2.2 シールド
 5.2.3 シグナルインテグリティ
章末問題

参考文献
章末問題解答
索引

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。