書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 電気・電子工学  / 通信工学  / ディジタル通信  > OFDM技術とその適用

書籍詳細

  OFDM技術とその適用

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

生岩量久 広島市立大教授 工博 著

安昌俊 千葉大准教授 工博 著

発行年月日:2010/09/17 , 判 型: A5,  ページ数:224頁

ISBN:978-4-339-00815-9,  定 価:3,024円 (本体2,800円+税)

ディジタル通信・放送システムの根幹を成す最新のOFDM技術について,基礎から実際の適用例までを解説。関連の幅広い分野にわたって統一的に記述し,変調信号の発生・特性解析に関するMATLABプログラムについても掲載した。

【目次】

1. ディジタル変復調技術の基礎
1.1 ディジタル変復調技術 
1.1.1 ASK変調方式 
1.1.2 FSK変調方式 
1.1.3 PSK変調方式 
1. ディジタル変復調技術の基礎
1.1 ディジタル変復調技術 
1.1.1 ASK変調方式 
1.1.2 FSK変調方式 
1.1.3 PSK変調方式 
1.1.4 多値直交振幅変調方式 
1.1.5 MATLABプログラム作成例 
1.2 情報エントロピーとシャノン定理 
1.2.1 各変調方式に対するBERと周波数利用効率 
1.2.2 帯域制限 

2. 次世代モバイル通信
2.1 電波伝搬環境 
2.1.1 陸上移動伝搬特性 
2.1.2 マルチパスフェージングチャネル 
2.1.3 MATLABプログラム作成例 
2.2 OFDM変復調の原理と実際 
2.2.1 OFDM方式の基本原理 
2.2.2 OFDM送信機の構成 
2.2.3 隣接チャネル間干渉 
2.2.4 ガードインターバルの挿入 
2.2.5 OFDM受信機の構成 
2.2.6 チャネル推定と信号検出 
2.2.7 OFDMシステムの同期技術 
2.2.8 誤り訂正符号とインタリーブ 
2.2.9 ピーク電力対平均電力比 
2.2.10 MATLABプログラム作成例 
2.3 OFDM技術の応用 
2.3.1 適応変調方式 
2.3.2 MIMO技術 
2.3.3 無線LAN 
2.3.4 無線MAN 
2.3.5 次世代無線通信システム 

3. OFDMを用いた地上ディジタル放送技術
3.1 地上ディジタル放送システムの概要 
3.1.1 伝送パラメータ 
3.1.2 OFDM信号波形 
3.1.3 送受信システムの系統 
3.1.4 OFDM変復調器の基本構成 
3.1.5 OFDM信号の式表示 
3.2 実際の放送ネットワークの構成 
3.2.1 親局送信機 
3.2.2 中継局送信機 
3.2.3 出力フィルタ特性が信号劣化に与える影響 
3.2.4 SFNに関する課題と対策 
3.2.5 受信機 
3.3 等化技術 
3.3.1 周波数領域での等化(ガードインターバル内) 
3.3.2 周波数領域での等化(ガードインターバル超え遅延波の等化技術) 
3.3.3 時間領域での等化(低遅延マルチパス等化技術) 
3.4 高速移動受信 
3.4.1 ダイバーシティ受信(帯域内におけるレベル変動の補正) 
3.4.2 SPによる等化の高精度化 
3.4.3 キャリヤ間干渉対策 
3.5 OFDM信号の測定技術 

4. OFDMを用いたシステムにおける新技術
4.1 SFN環境下における長距離遅延プロファイル測定技術 
4.1.1 電力スペクトル法の概要 
4.1.2 基本原理 
4.1.3 誤差対策 
4.1.4 性能 
4.1.5 遅延波の極性判別が可能な実用装置 
4.2 近接遅延波の電界強度測定技術 
4.2.1 直接波の広がり成分による妨害 
4.2.2 改善方法 
4.2.3 補正結果 
4.3 海上移動受信時の課題と対策 
4.3.1 海上移動受信時の電界強度変動 
4.3.2 ガードインターバル超え遅延波の到来 
4.3.3 隣接チャネルの影響 
4.3.4 船舶内での再送信に関する調査 
4.3.5 改良システムの系統と高速船での評価実験結果 
4.3.6 まとめ 
4.4 地上ディジタル放送波の長距離光ファイバ伝送技術 
4.4.1 設計・検討のためのシステムモデル 
4.4.2 システム設計のための検討 
4.4.3 実際の光ファイバ網を使用したフィールド実験 
4.4.4 まとめ 
引用・参考文献
索引 

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。