書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 電気・電子工学  / 電気回路  / 電気回路  > 続 電気回路の基礎と演習

書籍詳細

  続 電気回路の基礎と演習
- 三相交流・回路網・過渡現象編 -

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

吉野純一 サレジオ高専准教授 編著

高橋孝 サレジオ高専教授 著

大杉功 サレジオ高専教授 博士(工学) 著

米盛弘信 サレジオ高専助手 著

… 著者ホームページです

発行年月日:2010/02/15 , 判 型: A5,  ページ数:200頁

ISBN:978-4-339-00809-8,  定 価:2,700円 (本体2,500円+税)

ジャンル:

「電気回路の基礎と演習」の続編として応用回路解法まで取り上げた。内容は,三相回路,回路網に関する定理,四端子網,過渡現象,分布定数回路,の5章である。特に例題と演習問題を豊富に掲載し,解答も詳しく丁寧に解説している。

【目次】

1. 三相交流
1.1 三相交流の性質
 1.1.1 対称三相交流の電圧と電流
 1.1.2 接続方法による電圧と電流の表現
1.2 電源と負荷の接続方法
1. 三相交流
1.1 三相交流の性質
 1.1.1 対称三相交流の電圧と電流
 1.1.2 接続方法による電圧と電流の表現
1.2 電源と負荷の接続方法
1.3 Y結線とD結線
 1.3.1 Y(星形)結線
 1.3.2 D(三角)結線
1.4 三相交流電力
 1.4.1 有効電力(消費電力)
 1.4.2 無効電力
 1.4.3 皮相電力
演習問題

2. 回路網に関する定理
2.1 電圧源と電流源
 2.1.1 理想電圧源
 2.1.2 理想電流源
 2.1.3 電源の内部抵抗
2.2 重ね合せの原理
2.3 閉路解析法
2.4 節点解析法
2.5 鳳・テブナンの定理
2.6 ノートンの定理
2.7 帆足・ミルマンの定理
2.8 補償の定理
2.9 相反の定理
2.10 最大電力供給の定理
演習問題

3. 四端子網
3.1 四端子網の定義
3.2 四端子網の基本式
3.3 縦続接続
3.4 並列接続
3.5 影像パラメータ
 3.5.1 影像インピーダンス
 3.5.2 伝達定数
3.6 反復パラメータ
 3.6.1 反復インピーダンス
 3.6.2 伝搬定数
3.7 四端子網の等価回路
 3.7.1 等価T形回路
 3.7.2 等価r形回路
演習問題

4. 過渡現象
4.1 過渡現象とは
4.2 R-L回路
 4.2.1 微分方程式による方法
 4.2.2 ラプラス変換による方法
4.3 R-C回路
 4.3.1 微分方程式による方法
 4.3.2 ラプラス変換による方法
4.4 R-L-C回路
 4.4.1 振動が起こらない場合
 4.4.2 振動が起こる場合
4.5 交流回路と過渡現象
 4.5.1 R-L回路
 4.5.2 R-C回路
演習問題

5. 分布定数回路
5.1 分布定数回路とはなにか
5.2 分布定数回路の性質
 5.2.1 分布定数回路のインピーダンス
 5.2.2 電圧・電流による反射
 5.2.3 伝送線路の長さとインピーダンス
 5.2.4 電磁波のインピーダンス
5.3 分布定数回路の基礎方程式を導く
 5.3.1 分布定数回路の基本モデル
 5.3.2 微小区間における等価電気回路モデル
 5.3.3 回路方程式1─電圧─
 5.3.4 回路方程式2─電流─
 5.3.5 2変数関数のテイラー展開─補足事項─
5.4 電信方程式の導出
 5.4.1 基礎方程式から電圧関数のみの偏微分方程式
 5.4.2 電流関数のみの方程式
 5.4.3 電信方程式の一般解
5.5 無損失線路─特性インピーダンス─
5.6 無ひずみ線路
5.7 反射現象と透過現象
 5.7.1 負荷インピーダンスによる反射
 5.7.2 異なる線路の接続によって生ずる反射
5.8 定在波
演習問題

演習問題解答
索引

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。