書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 電気・電子工学  / 電気回路  / 電気回路  > 電気回路の基礎と演習

書籍詳細

  電気回路の基礎と演習

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

吉野純一 サレジオ高専教授 著

高橋孝 サレジオ高専事務長 著

… 著者ホームページです

発行年月日:2005/10/13 , 判 型: A5,  ページ数:212頁

ISBN:978-4-339-00779-4,  定 価:3,024円 (本体2,800円+税)

ジャンル:

電気理論を学習するにあたっては,重要項目を正確に把握し、基礎の考え方をしっかり身につけることが大切である。本書は、例題と演習問題が豊富なうえ解答指導も徹底しており,効果的に学習するためのテキストとして最適である。

【目次】

1. 基本直流回路
1.1 電流と電圧
 1.1.1 電流とは何か
 1.1.2 電圧と電位差
 1.1.3 起電力
1. 基本直流回路
1.1 電流と電圧
 1.1.1 電流とは何か
 1.1.2 電圧と電位差
 1.1.3 起電力
 1.1.4 オームの法則
1.2 電気抵抗
 1.2.1 抵抗の計算
 1.2.2 抵抗の温度変化
 1.2.3 抵抗率
 1.2.4 物質の形状と電気抵抗
 1.2.5 導電率
 1.2.6 コンダクタンス
1.3 倍率器と分流器
 1.3.1 電流系と電圧計の特徴
 1.3.2 電圧計と倍率器
 1.3.3 電流計と分流器
 1.3.4 分流の法則
1.4 ブリッジ回路
1.5 キルヒホッフの法則
 1.5.1 キルヒホッフの第1法則
 1.5.2 キルヒホッフの第2法則
 1.5.3 キルヒホッフの法則による回路の解法
1.6 電気エネルギーと熱作用
 1.6.1 電力
 1.6.2 電力量
 1.6.3 ジュールとは
 1.6.4 ジュールの法則
演習問題

2. 正弦波交流の性質
2.1 交流の定義
2.2 正弦波交流の発生と瞬時値
2.3 周期,周波数,角周波数,回転数
 2.3.1 周期,周波数,角周波数
 2.3.2 磁極数,周波数,回転数 
2.4 正弦波交流の表し方
 2.4.1 瞬時値,最大値
 2.4.2 平均値
 2.4.3 実効値
2.5 波形率と波高率
2.6 位相角と位相差
2.7 正弦波交流のベクトル表示
 2.7.1 交流のベクトル表示
 2.7.2 ベクトルの合成(加減法)
 2.7.3 ベクトルの計算(正弦波交流の合成)
演習問題 

3. 単相交流回路の基礎
3.1 基本回路とその性質
 3.1.1 抵抗回路
 3.1.2 自己インダクタンス回路(誘導リアクタンス)
 3.1.3 静電容量回路(容量リアクタンス)
3.2 直列接続回路
 3.2.1 R-L直列接続回路
 3.2.2 R-C直列接続回路
 3.2.3 R-L-C直列接続回路
 3.2.4 合成リアクタンス
3.3 並列接続回路
 3.3.1 R-L並列接続回路
 3.3.2 R-C並列接続回路
 3.3.3 R-L-C並列接続回路
3.4 交流電力
 3.4.1 有効電力
 3.4.2 皮相電力と力率
 3.4.3 無効電力
演習問題

4. 記号法による交流回路の計算
4.1 複素数の性質
 4.1.1 複素数
 4.1.2 ベクトルの複素数表示
4.2 複素数によるベクトルの計算
 4.2.1 ベクトルの和と差
 4.2.2 ベクトルの商と積
 4.2.3 jとベクトルの回転
4.3 記号法による回路計算
 4.3.1 単独素子回路
 4.3.2 直列接続回路
4.4 複素インピーダンスの接続
 4.4.1 インピーダンスの直列接続
 4.4.2 インピーダンスの並列接続
4.5 複素アドミタンス
 4.5.1 アドミタンスによる計算
 4.5.2 単独素子のアドミタンス
 4.5.3 各種並列接続
4.6 交流ブリッジ回路 
4.7 記号法による電力の計算
4.8 共振回路
 4.8.1 直列共振接続
 4.8.2 並列共振接続
演習問題

問題の解答
索引

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。