書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 電気・電子工学  / 電気回路  / 回路理論・交流理論  > 回路論入門(1)

書籍詳細

  回路論入門(1)

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

篠田庄司 中大教授 工博 著

発行年月日:1996/02/20 , 判 型: A5,  ページ数:560頁

ISBN:978-4-339-00651-3,  定 価:7,884円 (本体7,300円+税)

本書は,大学での数学の講義進行に合わせて「回路」の基礎理論が学べるよう構成した本格的な入門書である。電子回路への橋渡し部分を含む。予習,復習をしたい学生のための独習書的教科書である。

【目次】

1 2端子回路素子
1.1 枝の電流と電圧─素子を特徴づける変数─
1.2 抵抗器,ダイオード,スイッチ
  1.2.1 抵抗器とオームの法則
  1.2.2 非線形抵抗器
1 2端子回路素子
1.1 枝の電流と電圧─素子を特徴づける変数─
1.2 抵抗器,ダイオード,スイッチ
  1.2.1 抵抗器とオームの法則
  1.2.2 非線形抵抗器
  1.2.3 スイッチ
1.3 キャパシタ
  1.3.1 線形時不変キャパシタ
  1.3.2 非線形キャパシタ
1.4 インダクタ
  1.4.1 線形時不変インダクタ
  1.4.2 非線形インダクタ
1.5 独立電源
  1.5.1 独立電圧源
  1.5.2 独立電流源
1.6 補足
演習問題
2 回路の接続構造にのみ依存する回路方程式
  ─KCL方程式ならびにKVL方程式─
2.1 回路の接続構造とキルヒホッフの電流則
2.2 キルヒホッフの電流則 ─KCL方程式─
2.3 キルヒホッフの電圧則 ─KVL方程式─
2.4 電力保存則とプランクの論理
2.5 カットセットの概念とキルヒホッフの法則
2.6 行列表現によるキルヒホッフの法則
2.7 補足
演習問題
3 いくつかの基本的な事項,概念ならびに仮定
3.1 いくつかの回路解析の例述
  3.1.1 節点解析
  3.1.2 閉路解析
  3.1.3 カットセット解析
  3.1.4 改訂節点解析
  3.1.5 混合解析
3.2 電源分布と解の一意性
3.3 供給される電力と供給する電力
3.4 微分項を含む回路方程式と過渡現象解析
  3.4.1 数学からの準備
  3.4.2 RC回路の過渡現象
  3.4.3 RLC直列回路の過渡現象
  3.4.4 注意事項
3.5 状態変数,状態方程式ならびに初期条件
3.6 補足
演習問題
4 多端子集中定数回路素子
4.1 結合インダクタ
  4.1.1 2個のインダクタからなる結合インダクタ
  4.1.2 3個以上のインダクタからなる結合インダクタ
4.2 理想ジャイレータ
4.3 従属電源
4.4 バイポーラトランジスタ,FET,真空管,演算増幅器の小信号等価回路モデル
  4.4.1 バイポーラトランジスタの小信号等価回路モデル
  4.4.2 FETの小信号等価回路モデル
  4.4.3 真空管の小信号等価回路モデル
  4.4.4 演算増幅器の小信号等価回路モデル
4.5 補足
演習問題
5 交流回路の基礎
5.1 正弦波と周期波
5.2 枝電流と枝電圧が正弦波である場合の電力と実効値
5.3 複素数の直交形式と極形式の表示
5.4 回転フェーザ表示の回路方程式
5.5 フェーザ表示の回路方程式
5.6 インピーダンスとアドミタンス
5.7 インピーダンスの直列公式とアドミタンスの並列公式
5.8 ベクトル軌跡
5.9 複素電力の定義と有効電力,無効電力,力率
5.10 RLC直列回路の共振とRLC並列回路の共振
5.11 電圧源と電流源の相互等価変換
5.12 非電源素子の電流と電圧を不変とする電源交換
5.13 Y-Δ変換とその逆変換
5.14 対称三相の電圧と電流と3線式の対称三相回路
  5.14.1 対称三相の電圧と電流
  5.14.2 対称三相回路
  5.14.3 対称三相回路の電力
  5.14.4 対称三相回路の扱いと注意
5.15 周期波としての電流と電圧
  5.15.1 数学からの準備
  5.15.2 周期波としての電流,電圧,電力など
5.16 補足
演習問題
6 正弦波定常状態にある回路の回路解析
6.1 節点解析
6.2 カットセット解析
6.3 閉路解析
6.4 混合解析
6.5 網目解析─台グラフが平面グラフである場合のみ定義される回路解析─
6.6 改訂節点解析
6.7 ゲージ変換と双対ゲージ変換
6.8 キルヒホッフモード解析
6.9 順序解析と主・対解析
6.10 補足
演習問題
7 2ポート回路
7.1 2ポート回路の基礎方程式とそれを特徴づけるパラメータ
7.2 2ポート回路の基礎方程式の導出
7.3 節点方程式からの2ポート回路のZ行列とY行列の導出
7.4 2ポート回路の接続
7.5 6端子4ポート回路と3端子回路の2ポート回路としてのポート変換
7.6 2ポート回路の相反性と対称性
7.7 2ポート回路の受動性
7.8 内部に電流源,電圧源を含む2ポート回路
7.9 テレヘンの定理と感度解析
7.10 補足
演習問題
付録 回路のグラフ理論
A.1 フォイスナーの原理
A.2 節点方程式の謎のグラフ理論的評価公式
A.3 行列の完全単模性とグラフ
A.4 ユニスタ回路モデルとグラフ理論的解法
A.5 補足
演習問題
演習問題解答
索引

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。