書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 電気・電子工学  / 電気回路  / 電気回路  > 基礎電気回路例題演習

書籍詳細

標準電気・電子工学例題演習シリーズ 3)

  基礎電気回路例題演習

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

川上正光 元東工大学長・元長岡技術科学大学長 工博 著

当麻喜弘 東工大名誉教授・東京電機大学長 工博 著

発行年月日:1963/10/30 , 判 型: A5,  ページ数:258頁

ISBN:978-4-339-00227-0,  定 価:3,024円 (本体2,800円+税)

ジャンル:

本書は,川上教授が先に著した電子通信大学講座「基礎電気回路」中の,例題の解説,演習問題の増補などを行って入門者のための演習書としてまとめたものである。

【目次】

1. 直流回路から交流回路
 1. 直流回路
 要項
  1.1 直流源のシンボルとその性質
  1.2 オームの法則、逆起電および直流電力
1. 直流回路から交流回路
 1. 直流回路
 要項
  1.1 直流源のシンボルとその性質
  1.2 オームの法則、逆起電および直流電力
  1.3 抵抗の接続
  1.4 キルヒホッフの法則
  .5 供給電力最大の法則
  1.6 直流に対するCとLの働き
  例題
  演習問題
 2. 正弦波と回路素子の働き
 要項
  2
.1 正弦波とその性質
  2.2 交流源のシンボルとその性質
  2.3 回路素子の基本特性
  2.4 正弦波交流に対する回路素子の働き
  例題
  演習問題
 3. 記号演算の基礎知識
 要項
  3.1 複素数計算のルール
  3.2 記号演算ルール
  3.3 インピーダンスとアドミタン
  3.4 交流電力
  3.5 総括ー電圧、電流、電力の記号一覧
  例題
  演習問題
 4. 共振回路の性質
 要項
  4.1 直列共振と並列共振
  4.2 QとP
  4.3 選択度
  例題
  演習問題
 5. 二、三の特別な交流回路と等価変換
 要項
  5.1 ブリッジ回路(または格子回路)の平衡条件
  5.2 零(出力)回路
  5.3 逆回路
  5.4 定抵抗回路
  5.5 定電流回路と定電圧回路
  5.6 二端子網の等価変換
  5.7 Y-△変換
  例題
  演習問題
 6. 線形回路の基本的性質と解析の原則
 要項
  6.1 オームの法則
  6.2 キルヒホッフの法則
  6.3 重ねの理
  6.4 双対の理
  6.5 補償の定理
  6.6 等価電源の定理
  6.7 全電圧の定理[帆足ーミルマン(Millman)の定理]と全電流の定理
  6.8 回路の一般解析
  6.9 自然回路の可逆性
  例題
  演習問題
2. 四端子網の基礎
 7. 各種の四端子定数
 要項
  7.1 四端子網のマトリクスによる表示
  7.2 四端子網の映像パラメータ
  7.3 四端子網の反復パラメータ
  例題
  演習問題
 8. 四端子網のいろいろな接続と等価変換
 要項
  8.1 四端子網の接続と定数間の関係
  8.2 縦続接続と映像パラメータの関係
  8.3 T形回路とπ形回路の等価変換
  例題
  演習問題
 9. 四端子網のいろいろな性質
 要項
  9.1 伝送特性における双対性
  9.2 四端子網の相互変換と等価四端子網
  9.3 対称回路網、相反回路網および二等分定理
  9.4 伝送系としての四端子網
  9.5 四端子網によるインピーダンス変換
  例題
  演習問題
3. 種々な交流回路
 10. 相互インダクタンスを含む回路
 要項
  10.1 相互誘導四端子網
  10.2 二つのインダクタンスの直列、並列接続
  10.3 結合共振回路
  例題
  演習問題
 11. リアクタンス回路
 要項
  11.1 リアクタンス二端子網と有理リアクタンス関数
  11.2 リアクタンス二端子網の構成
  11.3 リアクタンス四端子網の伝送特性
  例題
  演習問題
 12. 簡単な伝送回路
 要項
  12.1 フィルタ
  12.2 分波回路
  例題
  演習問題
 13. 能動四端子網
 要項
  13.1 能動素回路網
  13.2 真空管回路の基本式
  13.3 基本真空管回路
  13.4 トランジスタとT形等価回路
  13.5 基本トランジスタ回路
  13.6 トランジスタの高周波特性
  13.7 各種動作量の公式
  例題
  演習問題
 14. 多相交流回路
 要項
  14.1 三相電源
  14.2 対称三相回路
  14.3 非対称三相回路
  14.4 三相電力
  14.5 回転磁界
  例題
  演習問題
 15. 対称座標を用いる解析
 要項
  15.1 非対称電圧の対称分分解
  15.2 Y形非対称負荷の対称座標変換
  15.3 三相交流発電機の基本式
  15.4 対称分による電力
  例題
  演習問題
 16. 分布定数回路
 要項
  16.1 基本式の誘導
  16.2 無ひずみ伝送線路
  16.3 長さが無限の場合Zwで終端した場合
  16.4 無損失な線路
  16.5 終端開放および短絡の場合
  16.6 LおよびCによる終端
  16.7 波動の反射と透過
  16.8 分布定数線路によるインピーダンス変成作用
  例題
  演習問題
付録
 1 はしご形回路の4定数
 2 記号のおもな用例
演習問題の解答
索引

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。