書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME > 書評・新刊紹介掲載情報

書評・新刊紹介掲載情報

1 - 1件目を表示 <前ページ 1|次ページ>

新刊紹介

「Electoronic Journal」(電子ジャーナル発行) 2012年6月号

電気電子工学を学ぶ上で、電気回路理論、特に交流回路理論は重要な基礎となる。本書は、高校程度の解析学を修得した読者を想定しており、回路の基礎から正弦波交流、インピーダンス、電力と力率、相互インダクタンス、分布定数回路などについて、図表や数式を用いながら解説。電気電子系の学生にも学びやすく、基礎に重点を置きつつ、学部レベルで必要とされる内容まで、この一冊で理解することができる。各章ごとにまとめや演習問題の他、関連のコラムも掲載されており、読者はより理解を深めることができる。

※当書評文は電子ジャーナルの許諾を得て掲載しております。

「Electoronic Journal」Webページはこちら

  基礎からの電気回路論

清水教之 名城大教授 工博 著

村本裕二 名城大准教授 博士(工学) 著

中條渉 名城大教授 博士(工学) 著

伊藤昌文 名城大教授 博士(工学) 著

飯岡大輔 名城大准教授 博士(工学) 著

発行年月日:
2012/02/20
判 型:A5
ページ :256頁 ISBN:
978-4-339-00827-2
定 価: 3,672円
(本体3,400円+税5%)
1 - 1件目を表示 <前ページ 1|次ページ>